テレビ愛知

2017.6.28

☆.。*Fabulous.。*☆

月曜日のニュースで、テレビ愛知アナウンサーとしての最後の出演を終えました。

何事もなく、ひとまずほっとしています。

img_21991

img_21981

月曜の夜は、この2人が慰労会を開いてくれました。報道制作局の送別会でも「アナウンス部から」と、特注のワイン(!!!)をはじめ、たくさんプレゼントを用意してくれたのに…素敵な後輩に恵まれ、感謝です。

p1090738

まだ原稿にしていない映画インタビューが2つあるのですが、それは退社後も長く残るシネマピックアップにて紹介させていただきます。

p1090741

さて、テレビ愛知最後のブログとなる今回は、今後についてのご報告です。

 

これまでも散々、プライベートのことを書いておきながら、今更このフレーズに頼るのもなんですが…

img_1509

私事で恐縮ですが、2月14日に名古屋の他局の方と結婚しました。

img_21971

こんなにも人から祝福されることは初めてで、「嬉しい」とか「感謝」とか、そういった自分の知っている言葉では表現しきれない感覚です。一方で、私がしっかりしていないと、夫の足を引っ張るんだということを改めて自覚し、身の引き締まる思いもあります。

img_1300

メ~テレの金沢アナ、徳重アナとNTB鎌田アナもお祝いしてくれました。

 

今後はタレント事務所に所属し、引き続きこの地方で活動します。
といっても、まだ新婚らしいことができていないので、しばらくはのんびりかな…。

 

きっとすぐ再会できると思いますが、それまでお元気で。
そしてこれからもテレビ愛知を(福田も!笑)、どうぞよろしくお願いします。

img_15501

 

ありがとうございました!

福田 由香 @ 2017年06月28日 15:57
2017.6.24

ありがとうございました。

早いもので名古屋に来て3年が経ちました。

6月末をもちまして、テレビ愛知アナウンサーを卒業します。まずはありがとうございました。

img_38681

入社4日目、最初の出演は「日曜なもんで!」でした。

 

本当に、いろんなことがありました。

 

引っ越してすぐスリに遭ったり、見えないところでは大型台風並みの波乱でスタートした名古屋生活。名古屋の快適さを知った今となっては話のネタ(笑)ですが、街の第一印象はかなり衝撃的でした、、

img_42231

「a-ha-N」の初回は、抜き打ち質問大会でびっくり!

 

仕事の面でも、今までと働き方があまりに違っていて、始めは戸惑うことばかりでした。

準備段階ではスタッフに助けてもらえることが増えた一方、現場が動き始めたら自分の力だけで何とかしなければならないこともたくさんあり、慣れるまでは不安でした。

 

「女子アナ」という肩書きにプレッシャーを感じてしまったり、映画のインタビューでは、「こんな有名な人が私なんかの質問に応えてくれるんだろうか!?」なんて心配したことも…(笑)

img_78691

激論!コロシアムのエンドを歌っていた「鶴」。

仲良くさせていただけるアーティストにもたくさん出会いました。

 

ちょっとのことでは動揺しなくなったのは、ここ数ヶ月です(^^;

キャスター、リポーター、インタビュアー、司会、スタジオMC…。
本当に、いろんな種類のアナウンサー業を経験させていただきました。

img_83251

人生初の禁酒で臨んだ「逆転!ピープルズ」

 

うまく出来ないこともまだまだありますが、初めてのことでも想像して取り組めるようになり、新たなのステージにつなげることができました。

 
今後については改めてお知らせします。ニュースへの出演や映画のインタビューがまだありますので、どうぞ最後までよろしくお願いいたします。

福田 由香 @ 2017年06月24日 18:16
2017.6.19

Happy Wedding…☆

先日、高校の同期の結婚式に行ってきました☆

img_20061

私の通っていた新田高校は、「生徒が減った」といわれていた当時でも2000人規模のマンモス校。ロンドン五輪で柔道銀メダリストの中矢力選手など数多くのスポーツ選手を輩出しています。

img_20101

母校は当時、県内の卓球部では一番練習量が多く、平日は夜10時まで、休みの日は「クジクジ」。

 

つまり、午前9時から午後9時までってコトです(笑)。

 

しかも、今回結婚した同期は、選抜クラスの同級生!朝8時半に教室で会って、夜は10時まで。

模試や特別講習で部活に遅刻するときは、2人で練習場へ走りました。笑

 

休み?学校から“強制される”テスト休みと、お正月くらいでしたね…。

テスト期間になると気合を入れて遊びに出かけたものです(笑)

img_20601

(選抜クラスの同級生)

img_20651

(部の同期やOBと・・・☆)

img_2090

そんな同期の結婚式ですから、会場は同窓会のようなもの!選択授業が一緒だった人もいたりして、いろんな人との再会を楽しめましたb

img_20771

ちなみに、私もじゃんけん大会のお手伝いをさせていただきました。同期は私が仕事してるの見たことないので、喜ぶを通り越してびっくりした様子で、役に立ててよかったです☆*+。*

img_19891

愛媛を制した日が昨日のことのようでした…

福田 由香 @ 2017年06月19日 11:59
2017.6.14

TAP THE LAST SHOW②

福田「オーディションで選ばれたダンサーたちは、どんなところが魅力だったんですか?」

p1090737

水谷豊監督「何百人も見たと思うんですけど、明確な差って僕らには分からないんですね。ところが最後の最後です、HIDEBOHさんのところの彼らが出てきたときに…全く別次元のタップを見せられたような気がした。遠慮しながら『ウチのも時間があったら見てもらっていいですか』と。『どうぞどうぞ』と言ったら、メインで踊ってもらってる彼らがきたわけですよ」

福田「5人ともですか?」

水谷さん「そうです。メインは、タップダンスの出来る役者さんで行くか、本物のダンサーで行くかということを、ずーっと迷ってたんですけど、そのタップを見たときに、本物でいこう!と僕の中で決まったんです」

福田「HIDEBOHさんは彼らの魅力をどんな風に引き出したんですか?」

HIDEBOHさん「タップダンスを見ていただくだけでも光栄なことだと思いまして。本当に、『ちょっとだけすみません』と。で、見ていただいたら、まさかのことだったので…ただただ大抜擢で、、一生懸命踊っただけですね」

 

福田「お芝居の経験がない人を中心人物にする上で、水谷さんはどんな風に指導をしたんですか」

水谷さん「僕にとっては、ドキュメンタリーに感じさせる作品にしたいということがあって。生っぽい作り事ではない世界をきっと彼らにやってもらえるだろうと思っていましたから、大変なことはなかったです。『次のシーンですけど…』とか聞いてくると、『カンタン!』。監督のカンタンとレベルが違いますとか言われてねぇ(笑)。でも映画で見たとおりだと思うんですよ」

 

水谷さん「ラスト24分間で辿り着く世界、これは僕はかつて経験しているんですけど、もしかすると一生辿り着かない世界かもしれないです。この映画で多くの人に経験してほしい、辿り着く世界とは何なのかを見てほしいですね」

6/17(土)公開です☆

福田 由香 @ 2017年06月14日 16:43
2017.6.12

TAP THE LAST SHOW①

「きょうもお昼はひつまぶしですか?」と聞くと、「いつもそうなんです。僕にひつまぶしを食べさせれば働いてくれると、みんな思ってるんですよ」と応えてくれるほど、ひつまぶし大好き!

 

水谷豊さんの初監督作品が、ついに完成しました!

p1090736

水谷豊さん「今が夢が叶った瞬間ですね。40年余り思い続けて、うまくいかなくてということを何度も繰り返してきたので…いよいよだなという気持ちです」

 

水谷さん「自分の人生で、一度はスポットライトを浴びたいなと思うものですよね。そのスポットライトに向かうんだけど、思うようにいかないのが人生で。そんな生活の裏も映画だと描けるという思いがあって。で、僕の場合はどうしてもたどり着くところはチャップリンなんです。チャップリンが子どもの頃から好きで、あの靴の動きとか体の動きが、僕の中ではタップダンスなんですね。あれを『映画の中でやりたい!』と、なっていました」

 

福田「監督として、主演俳優の水谷豊に求めたものは」

水谷さん「今回ほど自分を俳優として考えなかったことはないですね。他の人の人生は全部一応考えました。打ち合わせもして、イメージを伝えるわけですけど、自分の役に関しては全く考えてなかったんです。設定は作ってありましたけど、監督としてやることが日々ありましたから、そっちばかりで」

 

水谷さん「また監督が僕に何もいわないものだから」

 

HIDEBOHさん「水谷監督は、みんなに『ご飯食べた?』とかいつも気を遣いながらね、声かけてるんですよ。僕らも『監督~!』ってずっと言ってるんで、現場には渡さんという主役の方はいらっしゃらない。撮影が終わって完成した時に、その存在感が初めて分かったというのが正直な感想です。非常に不思議な感じでしたね」

 

水谷さん「それみんな言うんですよ」

福田 由香 @ 2017年06月12日 19:06