テレビ愛知

放送は終了しました

グッド・ドクター
韓流情報

グッド・ドクター ストーリー

最終話「一緒に幸せに」

2015年4月16日(木)

無事に手術を終えたイネだが、出血が起き、意識も戻らない。落ち込むシオンら医師たちに院長は、患者の回復を祈ることが最後の治療だと話す。そして、シオンは父の病室を訪ね、今も恨んでいるが死んだら悲しいと話す。ユンソは友人との食事会にシオンを連れて行こうとするが、シオンは嫌だと言い張る。ユンソが自分のせいで悪く言われるのが耐えられないシオンは、そのことで傷つき、ユンソとも言い争ってしまう。そんな中、イネの容体が悪化し・・・。


グッド・ドクター キャスト

小児外科レジデント歴1年。幼い頃、自閉症とサヴァン症候群と診断される。天才的暗記力と空間認識力を持ち、7歳で人体器官すべての構造を把握。絵の才能もある。保健所の医師だったチェ・ウソクの後見のもと、医師を目指すように。患者である子供の気持ちを誰よりも理解し、すぐに友達になることができる。こうだと思うと決して譲らない頑固さがあるが、一度良さがわかるとハマりやすくもある。医学的知識やその応用力は優れている一方、極度の緊張時に発作を起こすなど、メンタル的な弱さも。山の頂上を食べているようで面白いという理由で三角形のおにぎりを常食。恋にはきわめてウブ。幼少期に受けた父親の暴力によるトラウマがあり、両親の記憶がない。

小児外科フェロー歴2年。美人で優秀、さらに姉御肌で、シオンを弟のように思い、厳しさと優しさをもって面倒をみる。一方で、小児外科医としての理想を取り戻させてくれたシオンに感謝している。正義感が強く思ったことははっきり口にする性格で、上司や患者の家族からは生意気と見られることもたびたび。小児外科で唯一ドハンにたてつくことができる存在である一方、ドハンの良き理解者でもあるため、信頼もあつい。酒癖が悪く、飲んで酔いつぶれ、間違って他人の部屋で寝てしまうなど失敗も多いが、明るくさばさばした性格のため憎めない。学生時代、ドハンに片想いしていたことも。自称「神が授けたボディ」だが、実のところは謎。

小児外科副教授で、小児外科の実質的トップ。小児外科学会で最年少会員に認められた実力をもち、どんな状況でも冷静に判断する有能な外科医。自他に厳しく、部下を叱っても褒めることはないため、ユンソ曰く「鬼教授」だが、部下の失敗は自分が負い、患者のことを第一に考える強い信念の持ち主で、皆もそれをわかっている。他の科からの誘いもあるが、劣悪な環境の小児外科にこだわり続けるのは、精神障害をもっていた弟を事故で亡くしたため。亡弟と重なり、シオンを受け入れることができなかったが、その才能と患者を思う純粋な気持ちに触れ、弟子として指導していくように。口には出さないが心優しく、医師として熱い面もある。


グッド・ドクター 相関図


韓流情報

ページトップへ

Copyright©Aichi Television Broadcasting Co.,LTD. All rights reserved.