テレビ愛知

番組表

シンイ-信義-

放送は終了しました

シンイ-信義- ストーリー

第33話(最終話) 開かれた天門

2013年11月22日(金)

キ・チョルの手下は皇宮に忍び込み、ウンスを捜す。
チェ尚宮らは必死でウンスを守るが、近衛隊隊員を装う手下に騙され、さらわれてしまう。
ウンスが消えたことを知ったヨンは、いてもたってもいられない。
天門へと連れて行かれたと察し、王に告げてウンスの後を追う。
一方、ウンスはキ・チョルとともに天門に向かっていた。
ヨンはウンスを見つけ出すが…。


シンイ-信義- キャスト

チェ・ヨン イ・ミンホ 隊長

高麗の武士。実在の人物。雷功の使い手で武功に優れる。もと赤月部隊の部隊長。部隊解散後、近衛隊の隊長に。天門を通じて現代を訪れ、ウンスを高麗時代に連れ帰った高麗の武士。王と王妃が最も信頼を寄せる人物。

ユ・ウンス キム・ヒソン 医員、神医、医仙

ソウルの美容整形外科医。もとは胸部外科の専門医だったが、外科に嫌気がさし美容外科へ。チェ・ヨンに連れられ、無理やり高麗時代へタイムワープ。手術の腕はピカイチで、王妃の命を救う。

恭愍王 リュ・ドクファン

高麗第31代王。10歳で元に渡り、人質として過ごす。キ・チョルや親元派を一掃する。最初はひ弱な王だが、チェ・ヨンらの支えを得て、段々と王らしくなっていく。

チャン・ビン(チャン侍医) イ・フィリップ 侍医

韓医に長ける高麗一の名医。武功にも秀でた医官の長。薬草を用い、麻酔薬や消毒を手作りする。西洋医学をもとに手術や治療を行うウンスと時にぶつかりながらも協力し、影響を受けていく。

徳成府院君キ・チョル ユ・オソン 徳成府院君

元のキ皇后の兄。高麗を元に服従させようと企んでいる。恭愍王勢力と対立するも、チェ・ヨンを高く買っている。氷功を得意とする。


STAFF
制作:神医文化産業専門会社
演出:キム・ジョンハク「太王四神記」
脚本:ソン・ジナ「What’s Up(ワッツ・アップ)」「ザ・スリングショット~男の物語」「太王四神記」

シンイ-信義- 相関図

シンイ-信義- 相関図

韓流情報

ページトップへ

Copyright©Aichi Television Broadcasting Co.,LTD. All rights reserved.