テレビ愛知

報道

伊勢志摩サミット前に 駅でテロ対策訓練

16.03.07

terokunren1tva.jpg terokunren2tva.jpg terokunren3tva.jpg

5月の伊勢志摩サミットを前に、
犬山市の「犬山遊園駅」で
7日、テロに対応する
官民合同の訓練が
行われました。

訓練は、
不審者が駅に
爆発物を仕掛けた
という想定で行われ、
県警や名鉄の駅員など
約60人が参加しました。

また、駅構内で
爆発物と見られる
不審物を発見、
特殊車両を使って
不審物を撤去しました。

犬山署の倉地徹署長は、
「関係者の連携を深めて、
テロに対する
万全の体制を整えたい。」
と話していました。


報道・スポーツのトップへ戻る