テレビ愛知

報道

経済特集 天守閣閉鎖で名古屋の観光は?

16.10.28

tokusyuu1tva.jpg tokusyuu2tva.jpg tokusyuu3tva.jpg

名古屋市の河村市長が
天守閣の閉鎖を
急いでいる名古屋城。
天守閣の閉鎖は
地元の観光に大きな打撃を
与える心配はないのでしょうか?
名古屋の観光業界を取材しました。

老朽化が進み、
震度6弱でも倒壊の恐れが
指摘されている名古屋城天守閣。

一刻も早く入場を禁止し、
取り壊すべきという、
河村市長の発言に対し、観光客は...

「名古屋といえば
お城みたいな所があるので
これが見られないと
来なくなる可能性もあります」
(添乗員)

名古屋市が7月に行った調査で、
他の都市より「断トツで魅力がない」
ことが判明した。

そんな名古屋の数少ない
観光資源である名古屋城を閉鎖すれば、
観光にも大きな影響が出るのでは?
大手旅行会社は?

「名古屋の観光といえば
名古屋城が筆頭にくることは
間違いありません
もし、天守閣に入れないとなると
お客さまにとってはどうしても
名古屋城へ寄る理由が薄れるのは事実」
(JTB中部 中村 滋之さん)

一方、西区にある
外国人向けのゲストハウス。
ツアーガイドもしている
経営者の見方は楽観的だ。

「今は本丸御殿ができたので
実はあまり影響ないと思っています」
(ツーリズムデザイナーズ 田尾 大介さん)

襖絵の豪華さや歴史的価値から、
実は、天守閣より本丸御殿の見学を
喜ぶ観光客が多いという。

「本丸御殿は当時のお殿様や
お姫様が見たそのままの姿を
同じ技術を使って再現しているということで、
非常に価値が高いと思っていて
今、お客さんのウケもそっちの方が良い」
(ツーリズムデザイナーズ 田尾 大介さん)

旅行会社も、
名古屋城に入れない時期を、
名古屋の魅力を広める
チャンスにしたいと前向きに考えている。

「最近人気があがっている
トヨタ産業技術記念館といった、
魅力的なのにまだまだ知られていない
コンテンツが実は名古屋には
たくさんあって、そういった所をより紹介して
認知を広めるいい機会だととらえています」
(JTB中部 中村 滋之さん)

一方、閉鎖の時期については
慎重に見極める必要があると、
専門家は話す。

「突然入れなくなるよと
宣言するのではなく、
少なくとも1年くらいの期間を
かけながら(集客対策の)準備を
していくことが大事」
(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 杉本 宗之氏)

名古屋城は、
花見シーズンの3月と
夏祭りがある8月に来場者が最も多い。

天守閣の解体に伴う
閉鎖期間は約1年半と
いわれているので夏祭り直後の
9月に閉鎖すれば、
ちょうど書き入れ時の3月に
見学が再開できる。

こうした事情から
天守閣の閉鎖の時期は
2016年9月ごろが理想ではと
杉本さんは話している。

「秋冬の季節くらいから
入場制限して春先の所に
見学できる環境を提供していく」
(三菱UFJリサーチ&コンサルティング 杉本 宗之氏)

名古屋市は今後、
有識者などから意見を聞き、
判断したいと説明している。


報道・スポーツのトップへ戻る