テレビ愛知

報道

"闇サイト"無期懲役の男 碧南強盗殺人は二審も死刑

16.11.08

hori1tva.jpg hori2tva.jpg hori3tva.jpg

1998年に碧南市の夫婦2人を
殺害した罪に問われた男に対し、
名古屋高裁は8日、
死刑を言い渡しました。

男は2007年の闇サイト事件の
実行犯として無期懲役が
確定していました。

この事件では、
住所不定無職の堀慶末被告41歳が、
1998年に碧南市のパチンコ店勤務の
男性とその妻を殺害し
現金を奪った罪に問われ、
一審で死刑判決を受けていました。

名古屋高裁の
山口裕之裁判長は8日、
「冷酷な犯行で一審の
判決は不当とはいえない」として
被告の控訴を棄却、
死刑を言い渡しました。

堀被告は2007年に千種区の
磯谷利恵さんが殺害された
いわゆる闇サイト事件で
無期懲役が確定していました。

「最初の棄却の言葉だけで十分
私にとっても1つの大きな区切りがついた。」
(磯谷利恵さん母 富美子さん)


報道・スポーツのトップへ戻る