テレビ愛知

報道

全国初名鉄バスが"香り"のバス導入

16.12.06

bus1.tva.jpg bus1tva.jpg bus2tva.jpg

「香り」の効果で車内の快適性を高める夜行高速バスを
名鉄バスが全国で初めて導入し、
6日報道陣に公開しました。

バスのドアが開くと
乗車口に発生するのは「アロマ」の香り。

名鉄バスが香料製造会社の「アットアロマ」と
共同で開発しました。

アロマの香りには、
リラックス効果があるといわれていることから、
車内で長時間を過ごす夜行バスの乗客に
香りの力で快適な時間を過ごしてもらおうと
名鉄バスが全国で初めて導入しました。

「ご乗車いただいたお客さまが
乗車される際の第一印象で
清潔さや快適性を感じられるように
ということで開発しました。」
(名鉄バス 営業課チーフ 花村元気さん)

この新型車両は3台導入され、
このうち2台は11月19日から
名古屋・福岡間や仙台間で運行されています。

報道・スポーツのトップへ戻る