テレビ愛知

報道

県内で新たな鳥インフルエンザ

17.01.11

2017.1.11?-1tva.jpg 2017.1.11?-2tva.jpg 2017.1.11?-3tva.jpg

県内でまた新たに
鳥インフルエンザの感染が
確認されました。

愛知県によりますと
感染が確認されたのは
1月6日に西尾市内で
死んでいるのが見つかった
野生のスズガモで
発見当初の簡易検査では
陰性でしたが
その後の環境省による
遺伝子検査で
A型鳥インフルエンザの
感染が確認されました。

ただ、これが高病原性か
どうかはまだ分かっておらず
今後鳥取大学に検体を
送って確定検査を行い
病原性を調べる方針です。

西尾市では1月4日に
野生のホシハジロからも
鳥インフルエンザの感染が
見つかっています。

報道・スポーツのトップへ戻る