テレビ愛知

番組表

よみがえれ!シーボルトの日本博物館

展示内容

19世紀、アジアのさい果ての国「ニッポン」に憧れ、オランダ商館の医師としてやって来たドイツ人シーボルト。二度の来日で熱心に博物学的な収集をおこない、日本の自然や生活文化を中心とした膨大な数の物品を持ち帰りました。彼はこれらを駆使して、ヨーロッパに日本を紹介するための展覧会をたびたび開きましたが、それは万国博覧会やジャポニスムの流行の先駆けとなる活動でした。この「日本博物館」の実現に生涯をかけた彼の没後150年を記念し、厳選した約300点の品々がドイツから里帰りしました。シーボルトが魅せられ、またヨーロッパの人々に見せようとした「ニッポン」の姿にせまります。

講演会

4月22日(土)「シーボルト収集の漆工芸品と日本博物館」
講師|国立歴史民俗博物館 日高薫教授(本展監修者)
開演|13:30(開場は13:00)
会場|地下1階講堂(定員220名)
聴講無料(ただし本展観覧券が必要。観覧済半券も可)
※当日 9:30より聴講整理券を展覧会場入口で先着順に配布します(1観覧券につき1枚のみ)。

展示説明会

4月29日(土・祝)「シーボルトが見せたかったニッポン」
5月6日(土)こども説明会「シーボルトの動植物園」
開演|13:30(開場は13:00)
会場|1階展示説明室(先着100名)
講師|当館学芸員 聴講無料

シーボルト講座

5月20日(土)「シーボルトの植物収集と伊藤圭介」
開演|13:30(開場は13:00)
会場|1階展示説明室(先着100名)
講師|当館学芸員 聴講無料
※ご注意ください 整理券配布開始時間と方法、開室・開演時間が2017年度から変わりました。

※講演会などで、手話通訳・要約筆記などによるサポートをご希望の方は、当日の2週間前までにご相談ください。

関連展示

4月11日(火)~6月25日(日)「シーボルトの弟子・伊藤圭介」
名古屋出身でシーボルトに弟子入りした伊藤圭介ゆかりの品々を、当館所蔵品を中心に紹介します。
会場|2階常設展示室(常設展観覧料が必要です)
※シーボルト展観覧券でもご覧いただけます(シーボルト展会期中1回のみ)。

名古屋市東山動植物園の連携展示
開園80周年特別展「シーボルトと伊藤圭介」

5月23日(火)~6月4日(日)休園日(5/29)
会場|東山動植物園植物会館展示室
観覧時間|9:00~16:45
シーボルトに西洋の植物学を学んだ伊藤圭介の業績を、実際の植物とともに紹介します。
なお3月18日(土)~6月11日(日)、同館内の伊藤圭介記念室でも圭介に関する資料を展示します。
また5月27日(土)13:30から記念講演会「シーボルトを支えた尾張学派の人たち」(加藤僖重獨協大学名誉教授)を開催します。
観覧には入園料が必要です(高校生以上 500円、名古屋市在住65歳以上100円。小中学生は無料)。
問い合わせ|名古屋市東山植物園 TEL:052-782-2111(代表)

江戸!たっぷり~おかみさん・医者・旦那~
毎日落語会スペシャル・立川龍志独演会

5月27日(土)開演14:00 開場13:30
演目|江戸前の噺家・立川龍志が、江戸を舞台にした古典落語3席を披露。
3席それぞれの主役は、長屋のおかみさん、医者、旦那。
入場料|全席自由 一般 3,500円、高大生3,000円、小中生1,500円(前売・当日)
*本入場料で、名古屋市博物館で4月22日から6月11日まで開催の特別展「よみがえれ!シーボルトの日本博物館」を観覧できます。
会 場|名古屋市博物館講堂(定員220名)
主 催|毎日文化センター、「シーボルト展」実行委員会
チケット販売・問い合わせ|毎日文化センター TEL:052-581-1521

開催概要

会 期2017年4月22日(土)~6月11日(日)

休館日月曜日・第4火曜日(4/24・25、5/8・15・22・23・29、6/5)
[5/1は特別開館]

開館時間9:30~17:00(入場は16:30まで)

会 場名古屋市博物館

主 催名古屋市博物館、毎日新聞社、日本経済新聞社、テレビ愛知、人間文化研究機構 国立歴史民俗博物館、朝日新聞社

特別協力ミュンヘン五大陸博物館、ブランデンシュタイン=ツェッペリン家

協 力全日本空輸、名古屋市東山動植物園

後 援日本赤十字社

アクセス 名古屋市博物館
〒467-0806 名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
ご来場は公共交通機関をご利用ください。
●名古屋駅から17分 地下鉄桜通線「桜山」下車、4番出口から徒歩5分
名古屋市美術館

チケット情報

観覧料

前売券販売期間:2017年4月21日(金)まで
一般 1,300円(1,100円)
高大生 900円(700円)
小中生 500円(300円)
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。
※名古屋市交通局の一日乗車券・ドニチエコきっぷを利用してご来館の方は100円割引き。
※身体等に障害のある方または難病患者の方は、手帳または受給者証のご提示により、本人と介護者2名まで当日料金の半額。
※各種割引は重複してご利用いただくことはできません。ご了承ください。
※作品保護のため一部展示替をおこないます(前期~5/21/後期5/24~)

お求め先

チケットぴあ(サークルK・サンクス、セブンイレブン) Pコード:768-177
ローソンチケット(ローソン)Lコード:41315
名古屋市博物館、主要プレイガイド、主なコンビニエンスストア

お問い合わせ

名古屋市博物館
〒467-0806 名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1
TEL:052-853-2655 FAX:052-853-3636

名古屋市博物館
siebold-150.jp
梅に綬帯鳥図 江戸時代後期 MFK ©Museum Funf Kontinente Munchen,Foto:Marietta Weidner(前期~5/21)/赤絵染付諫鼓鶏香炉 江戸時代後期 MFK/人物画帳「水汲みの娘」 江戸時代後期 MFK(後期5/24~)/船形漆塗弁当箱 江戸時代後期 MFK/出島と長崎港の図『日本』原画 19世紀前半 SAB(前期~5/21)/オタクサ(あじさい)『 日本植物誌』図版 19世紀 SAB(前期~5/21)/料理屋図扇 江戸時代末期 MFK/人物画帳「人形遣い」 江戸時代後期 MFK(前期~5/21)/花鳥図衝立 江戸時代後期 MFK/シーボルト肖像 19世紀後半 SAB
MFK:ミュンヘン五大陸博物館蔵 ©Museum Funf Kontinente, Munich SAB:ブランデンシュタイン=ツェッペリン家蔵 ©Brandenstein-Zeppelin Family Archives

PageTop