テレビ愛知

データで解析!サンデージャーナル

毎週日曜 午後3時放送
出演:石原良純 黒田有(メッセンジャー) いとうまい子
友だち追加数

出演

  • 石原良純
  • 黒田有
    (メッセンジャー)
  • いとうまい子

ックナンバー

― 2017.04.09 放送 ―

水中世界は“大人のための空間”
個性で勝負!水族館王国あいちの魅力

ゲスト/中村元、田中直樹 コーナー出演/小林龍二

世界にある水族館のなかでも一、二を争う施設数を誇る日本。なかでも愛知県は、他県より多くの水族館を備え、特徴的な取り組みを行うことで全国から注目を受ける“水族館王国”だった!名古屋港水族館の入館者数は205万人で全国で3番目に多く、シャチが泳ぐプールは日本最大級!「アカウミガメ繁殖」の研究施設としても重要な役割を担っている。イルカのショーをはじめ、海洋生物とのふれあいに力を入れる「南知多ビーチランド」や、水族館の見せ方を変えたことで入館者数が急増した「竹島水族館」など、魅力あふれる水族館が多いのも愛知の特徴だ。そこで今回は、巨大生物から深海魚まで…様々な生物の飼育法や独自の展示法など“3つの施設”を通して、愛知が誇る“水族館の実力”に迫ります。

    全国の水族館から見た!“最先端の演出法”とは?

  • まるでアート!?音と光と映像を組み合わせた“都市型水族館”とは?
  • 小さなスペースでも魅力増大!都市水族館ならではの“秘策”
  • 水族館は“大人のため”の施設?動物園との違いとは?

    世界に誇る!「名古屋港水族館」“巨大水族館”が担う役割とは?

  • 延べ床面積日本一!水量は世界最大級!愛知が誇る名古屋港水族館の“実力”
  • 学術研究でもトップレベル!“巨大水族館”が担う大きな役割とは?

    「南知多ビーチランド」「竹島水族館」復活のカギは○○にあった!?

  • エンターテインメント性を重視した「○○型」で入館者数増大!?
  • アイデア勝負でV字復活!ジリ貧水族館の「大胆改革」の舞台裏
  • 中村元
    水族館プロデューサー
  • 田中直樹
    ココリコ

<コーナー出演>

  • 小林龍二(竹島水族館 館長)

ページトップへ