テレビ愛知

FEAUTURE特 集

旬撮24時

JRゲートタワー 超人気レストランの1日に密着

17.04.28

1.1tva.jpg 1.2tva.jpg 1.3tva.jpg

鉄板の上には
ふっくらとジューシーに
焼きあがったハンバーグ。

中はトロリと肉汁が...。

名古屋に初出店した
超人気レストランの1日に
カメラが密着。

JRゲートタワーの
12階と13階がレストラン街。

まだ午前10時なのにもう人であふれている。

その中でも一際行列が
長いのが「ミート矢澤」。
100人以上が並んでいる。

「(11時の)オープンが
早まる可能性があります
10時45分ぐらいですね」
(ミート矢澤統括マネージャー 
          横山亮太さん)

整理券の配布が始まった。
まずは、
午後1時までの分を受け付ける。
さて、この人たちは何番だった?

「55番です。」
(女性)

55番だとおよそ2時間半待ち。

そんな人たちにこんなサービスも。

「発券したお客さまがQRコードを
読み込んで登録していただくと
(順番が)近づくと
メールが来るシステムです」
(ミート矢澤統括マネージャー 
          横山亮太さん)

2時間半待ってでも
食べたいという
ミート矢澤のハンバーグ。

肉は全国から厳選された
最高級A5ランクの
黒毛和牛を使用。

焼き方にも
こだわっているのも
この店の特徴だ。

まず、
表面を鉄板でやき、
その肉汁を中に閉じ込め、
それをさらにオーブンで焼き、
中まで火を通す念の入れようだ。

出来上がったのが、これ!

「デミグラス・チーズハンバーグ」。

"肉汁のナイアガラ"と
言われるほど溢れ出る肉汁が
評判の一番人気のメニューだ。

カウンターには、
55番のあの2人が。

待つこと2時間半、
ようやくありついた
ハンバーグの味は...。

「待ったかいがありました。
          おいしい」
(55番の女性)

実はこの店、
名古屋限定の特別メニューもあるとか...。

「元祖金鯱ハンバーグといいます」
(ミート矢澤統括マネージャー 
          横山亮太さん)

黒毛和牛の中に
フカヒレの姿煮が
入った豪華版。

あんをかけ、
最後に金箔をのせて完成、
これぞ金シャチハンバーグ。

値段は1万円を超える。

11時前のオープンから、
客が途切れることない超人気店。

29日からの
ゴールデンウイーク。

この混雑、
さらにパワーアップしそうだ。