テレビ愛知

NEWSニュース

地元企業トップに聞く あなたの会社は『3%賃上げ』できる?

18.01.10

12.jpg 11.jpg 13.jpg

安倍総理は1月5日
経済界のトップに対し
直接次のように訴えました。

「経済の好循環を
 回していくためには、
 今年の賃上げ
 はっきり申しまして
 3%のお願いしたい」
    (安倍総理大臣)

政府は今年の春闘で
デフレ脱却にむけ
「3%の賃金アップ」を
促したい考えですが、
果たして
実現できるのでしょうか?
この地方の企業の
トップに聞きました。

10日、名古屋で開かれた
新春恒例の賀詞交歓会。
会場に集まった
地元経済界のトップに
賃金3%のアップが可能かどうか
イエス、ノーでズバリ
答えてもらいました。

「アップすることに対してはYES。
 2017年度の業績からいけば、
(業績)に連動して
 賞与の増額はありうる」
(J・フロントリテイリング 
         山本良一社長)

「労働者の方々の報酬を
 上げていくということは
 日本の経済を支える
 意味でも重要なので、
 どのくらいあげていくか
 ということは別にして、
 方向性としては
 そういう方向にあるべきだ」
 (中部電力 増田義則副社長)

「この1年間おかげさまで
 収入も計画を上回ったし、
 社員もよく働いた、
 一生懸命頑張ってくれたと
 思うのでできれば報いたい」
  (JR東海 柘植康英社長)

一方、こんな声も・・・

「自由化2年目に入って、
 競争力も高めなくてはいけない
 いろんな要因がありますので
 そういうものも加味して
 決めていきたい」
 (東邦ガス 冨成義郎社長)

「両方ですね。
 まだ考えてません正直。
 ですのでこれからしっかり
 会社の状況を見ながら、
 じっくり考えていく
 問題なのかなと考えています」
  (名古屋銀行 藤原一朗頭取)

「しっかり組合のみなさんと
 議論をして、
 単に賃金だけでなく、
 働き方も含めやっていく
 いい機会だから
 有効に(議論を)したい」
(トヨタ自動車 内山田竹志会長)

専門家は、
「大企業は、間違いなく
 3%近い賃上げを
 達成するだろう」と
予測する一方で・・・

「中小企業に関しては、
 人件費があがっているのと
 ガソリンや原材料なども
 上がっているので
 企業によって
 業績がいいところは
(賃上げ)すると思いますけど
 そうでないところは
(3%の賃上げは)なかなか難しい」
    (エコノミスト 内田俊宏氏)