テレビ愛知

妖怪道五十三次 鬼太郎たちとめぐる東海道の旅

ギャラリー

期間

平成25年7月27日(土)~平成25年10月27日(日)
午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場

岡崎城2階展示室・三河武士のやかた家康館1階展示室

イベント内容

「ゲゲゲの鬼太郎」と言えば子どもから大人まで、誰もが知っているまんがのキャラクタ―です。『妖怪道五十三次』は、作者水木しげる氏が2年の歳月をかけ、江戸時代の有名な浮世絵師歌川広重の「東海道五十三次」を舞台に江戸・日本橋から会場である藤川、岡崎を経て京都・三条大橋をつなぐ五十三の宿場の旅に300余の妖怪を活躍させた五十五枚の大連作です。

展示内容

◎妖怪道五十三次(複製画及び木版画)
◎水木しげるの人生絵巻
◎妖怪造形物(ぬりかべ、鬼太郎・鬼太郎の家など)
◎パネル(妖怪画・妖怪たちの秘密・日本妖怪大地図・クイズ)など
◎その他(かきわり・妖怪画・漫画原稿など)

イベント

◎写真撮影、ショップ、妖怪クイズ、妖怪スタンプラリーなど

料金

◎2館共通チケット 大人(中学生以上)500円 小人(5歳以上)270円

名鉄キャンペーン

◎お得なセットチケット発売!7月20日(土)~10月27日(日)
「妖怪道五十三次 鬼太郎たちとめぐる東海道の旅きっぷ」
◎妖怪スタンプラリー
名鉄の駅などに設置の妖怪スタンプを集めてプレゼントをGETしよう!くわしくは各駅に設置のチラシをご覧ください。

主催:一般社団法人岡崎パブリックサービス
協賛:県民共済
協力:名古屋鉄道、株式会社やのまん
後援:岡崎市

©水木プロ