トップページはこちら

バックナンバー

2019/11/29放送

今回はSUPER GTの最終戦もてぎ。
埼玉トヨペットGreen BraveのマークX MCは今季限りということでこれが公式戦のラストラン。
予選は吉田選手がQ1を4位で突破。脇阪選手も吉田選手を上回るタイムだったが、ライバル勢も速く、11番手スタートとなる。
決勝レースでは脇阪選手がスタートから前の25号車を猛プッシュして何とか抜いていく。
しかし前方のペースが上がらないので、早めにピットインして吉田選手に交代。
ピットが大混雑で多少手間取るが、元の順位辺りに復帰。
その後もペースは上がらないまま13位完走で激動の3年目のシーズンを終えました。
「ガレージの中を見せてください」#38は、DIYで美しいレイアウトの棚や壁を作るオーナーさんが登場。
続いて今池TOKUZOで行われた二人パール兄弟とつボイノリオのトーク&ライブを小出し企画。
その1はイベントスタート前の楽屋でのんびりトーク。

マーケティングファイル
1478 「SUPER GT 2019第8戦もてぎ・埼玉トヨペットGreen Braveを応援」

今回はSUPER GTの最終戦もてぎ。
埼玉トヨペットGreen BraveのマークX MCは今季限りということでこれが公式戦のラストラン。
予選は吉田選手がQ1を4位で突破。脇阪選手も吉田選手を上回るタイムだったが、ライバル勢も速く、11番手スタートとなる。
決勝レースのファーストドライバー脇阪選手はスタートから前の25号車を猛プッシュ。
何とか抜いていけたが、後方の96号車が17番手から猛追。
チャンピオン争いにわずかな望みがある96号車はものすごいペースで上位に食い込んでいく。
一方、マークXは前方のペースが上がらないので、早めにピットインして吉田選手に交代。
ピットが大混雑でピットアウトに多少手間取るが、元の順位辺りに復帰。
GT500、GT300共にチャンピオン争いが白熱!
6号車vs36、37号車、55号車vs96号車はデッドヒート!
しかしマークXはその後もペースは上がらないまま周回を重ねていく。
結局13位完走で激動の3年目のシーズンを終えました。

1479 「ガレージの中を見せてください #38」

ガレージハウスを使うオーナー様にその使い方を見せていただく「ガレージ中見せ」第38回。
DIYで美しいレイアウトの棚や壁を作るオーナーさんが登場。
整理整頓されたガレージは圧巻!

1480 「二人パール兄弟&つボイノリオLIVE その1」

今池TOKUZOで行われた二人パール兄弟とつボイノリオのトーク&ライブの模様を小出しにダイジェストでお見せします。
その1はイベントスタート前の楽屋で、つボイノリオ、サエキけんぞう、窪田晴男の3人がのんびりトーク。

ゲスト
脇阪寿一

1972年奈良県生まれのレーシングドライバー。
TOYOTA GAZOO Racingアンバサダー。
1991年にカートを始め、95年には全日本F3選手権で新人賞を獲得。
1998年にはF1ジョーダン無限ホンダテストドライバーを務める。
その後フォーミュラ・ニッポン、SUPER GT等に参戦するなど日本を代表するトップドライバーとして活躍。
またトヨタ自動車レース部門の開発ドライバーも務め、“クルマの楽しさ・素晴らしさを多くの人に伝えたい”という強い思いから、サーキットだけでなく、市販車販売店でのイベント等々でも精力的に活動している。
2019年はSUPER GT LEXUS TEAM LeMans WAKO'Sのチーム監督、自チームのASSO MOTOR SPORTSよりGAZOO Racing 86/BRZ Raceに参戦。

つボイノリオ

1949年愛知県一宮市出身のラジオパーソナリティ、シンガーソングライター。
大学在学中にCBCラジオの深夜番組への出演したことをきっかけにして芸能界入り。
1970年「本願寺ぶるーす」でレコードデビュー。
その後、名古屋を中心にラジオパーソナリティとして活動。
1993年10月よりCBCラジオ『つボイノリオの聞けば聞くほど』のパーソナリティを務め、名古屋の朝のラジオの顔として活動中。
2006年よりミュージシャンとしての活動も再開。多くのコミックソングを発表。
2016年「平成28年度愛知県芸術文化選奨」受賞。
2018年、日本記念日協会が6月9日を「つボイノリオ記念日」として認定。

サエキけんぞう

1958年7月28日千葉県出身。ミュージシャン・作詞家・プロデューサー。
1980年ハルメンズでデビュー、86年パール兄弟で再デビュー、作詞家として沢田研二、小泉今日子、サディスティック・ミカ・バンド、PUFFY、モーニング娘。うしろ髪ひかれ隊(工藤静香)他多数に提供。
著書「歯科医のロック」他多数。
2003年『スシ頭の男』でフランスデビュー。
2012年「ロックとメディア社会」でミュージックペンクラブ賞受賞。
ライブ、イベントプロデュースなど様々な企画を勢力的に展開。
立教大学、獨協大学などで講師も務めている。
2019年は窪田晴男と「二人パール兄弟」として活動中。

ページトップへページトップへ