テレビ愛知

友だち追加数

過去放送作品 [五十音順]

編笠十兵衛

出演/村上弘明、藤真利子、山出梨紗、津川雅彦、大沢逸美 ほか

作品紹介

池波流“忠臣蔵外伝”

編笠十兵衛(本名:月森十兵衛)は、柳生十兵衛の血をひく剣の達人で、将軍家から「御意簡牘(ぎょいかんとく)」と呼ばれる葵の御紋入り天下御免札を携え、将軍直属の諫言係・中根平十郎の下で、世間探索の仕事を行い、幕府政道の歪みを正すべく隠密活動をする。物語は、池波正太郎原作に基づき、十兵衛が赤穂浪士の吉良邸討ち入りを助けて活躍する忠臣蔵秘話である。

江戸を斬る

出演/里見浩太朗、森田健作、太川陽介、小松政夫 ほか

作品紹介

火消し一番組を表稼業にした北町奉行・遠山金四郎(里見浩太朗)が、江戸の町に蔓延る悪を斬る!

大岡越前

出演/加藤剛、竹脇無我、西郷輝彦、小松政夫 ほか

あらすじ

江戸享保の頃の名奉行・大岡越前を主人公に、庶民の味方を旗印に正義の大岡裁きを描く。

影武者 徳川家康

出演/西田敏行、観月ありさ、山本耕史、及川光博、高橋光臣、谷村美月 ほか

あらすじ

慶長五年(1600年)九月十五日、美濃・関ヶ原において、天下分け目の大戦が始まろうとしていた。太閤・豊臣秀吉の死後、着々と権力を強めてきた徳川家康(西田敏行)に対して、石田三成(及川光博)が反旗を翻し、豊臣家の復権をかけて戦いを挑んだのだ。

この日、家康の本陣には全く同じ顔をした2人の男がいた。一人は家康本人、もう一人はその影武者・世良田二郎三郎(西田敏行=2役)。三成は軍勢の多さから自らの勝利を確信するが、軍勢だけでは危ういと感じていた三成の軍師・島左近(高橋英樹)は、忍びの技を持つ甲斐の六郎(高橋光臣)に家康暗殺を命じていた。

剣客商売

出演/藤田まこと、小林綾子 ほか

作品紹介

剣を世渡りの手だてとしながら軽妙洒脱(しゃだつ)に生きる秋山小兵衛の人生と事件を江戸の町の情緒や人情を織り込んで描く痛快娯楽時代劇シリーズ。

剣客商売

出演/加藤剛、山形勲 ほか

作品紹介

泰平の江戸時代<田沼意次の時代>を背景に、江戸の一隅に生きる剣客父子の対照的な生き方<剣客商売>を描いた作品。池波正太郎原作。

秋山大治郎が、京にその人ありと知られた達人辻平右衛門について、“無外流”の奥義をきわめた後、諸国漫遊の旅でみっちり修行をつみ、十二年ぶりで懐かしい江戸の地を踏んだ。大使を抱いて郷関を出た十五才のかつての少年は、今では二十七才の有為の青年剣士である。浅草・橋場で町道場を開く大治郎の父小兵衛は、突然の息子の帰宅に、少なからずあわてた。剣客として立派な腕を持ちながら、江湖の処士として半生を終えた小兵衛は、洒脱な人柄で、近在から身の回りの世話に来ていた百姓娘おはると是非もない仲になっていた。おはるは二十三才だから、まま母の方が息子よりも年が若い。これを大治郎にはなんと説明すればよいのか。

喧嘩屋右近

出演/杉良太郎、萬田久子(第1、2シリーズ)、 坂口良子(第3シリーズ)ほか

あらすじ

「喧嘩渡世 茨右近 よろず喧嘩買入れ申候」と派手な看板を門口にかかげて、気儘な浪人生活を続けている右近は、様々な苦しみや悩みを抱えている庶民たちの良き相談相手だ。権力や権威からの無理難題に困っている者がいると「その喧嘩買った!」と介入し、剣の腕に物を言わせて瞬く間に解決してしまう。お弦は右近の高女房。ある時は右近の喧嘩を陰で助ける頼りになる女性。

次郎長三国志

出演/杉良太郎、佐藤藍子、的場浩司、船越英一郎、竜雷太、黒木瞳 ほか

あらすじ

喧嘩がめっぽう強くて、気っぷがいい次郎長は、家業そっちのけで親友の江尻の大熊と一緒に、喧嘩三昧の日々を送っていた。ある日、酒を飲み過ぎて喧嘩で傷ついた次郎長は、大熊の妹・お蝶の手厚い看護を受けて一目惚れする。やくざの嫌いなお蝶のためにまっとうに生きようとした次郎長だったが、旅の僧の「二十五歳までの命」との言葉を信じ、太く短く生きようと、博打の道に身を投じる。その後次郎長は、恩人の太左衛門の縄張りでいかさま賭博を開いていた五丁徳一家をたたきのめす。一気に名を上げた次郎長の下には、桶屋の鬼吉や関東綱五郎、大政、そして投げ節お仲などが集まり始める。

新・銭形平次

出演/北大路欣也、真野あずさ、伊東四朗、三波豊和、三浦浩一 ほか

作品紹介

江戸は神田明神下の人情味豊かな岡っ引き銭形平次が、“投げ銭”を駆使して様々な事件を鮮やかに解決していく姿を描いた時代劇シリーズ。

田原坂

出演/里見浩太朗、萬屋錦之介、近藤正臣 ほか

あらすじ

頃は幕末。内憂外患の状況を呈した日本が近代国家へ脱皮にもがき苦しむその時、一人の薩摩藩士が忽然と光を放ち始めた。その名を西郷吉之助(里見浩太朗)という。この西郷は当初、幕政改革論者であった。安政の大獄と呼ばれる攘夷狩りに追われ入水自殺未遂を経験。その後、2度の遠島生活を送る中、次第に成長した西郷は、同郷の大久保利通(近藤正臣)らと共に、薩摩藩外交の表舞台に躍り出る。時代がなにより西郷の強烈な個性を必要としていたのである。

忠臣蔵

出演/中村吉右衛門、黒木瞳 ほか

あらすじ

時は元禄時代。赤穂・浅野家の主席家老、大石内蔵助の一家は喜びに包まれていた。嫡男・主税と小浪の結婚が決まったのだ。が、そんな折、勅使接待役に任命されていた城主の浅野内匠頭が、高家筆頭・吉良上野介に対し刀傷に及んでしまう。浅野は即日切腹。その結果に対し、決断を迫られた大石は…。

天下騒乱~徳川三代の陰謀~

出演/西田敏行、中村獅童、村上弘明、片平なぎさ、かたせ梨乃、田中美里 ほか

あらすじ

天下を統一した徳川家康が病に倒れた。老中・土井利勝は将軍・秀忠と家康の元に駆けつける。死の際に、家康はある秘事を告げる。「利勝は、わしの隠し子だ。」この日から利勝は、家康の遺志を継ぎ、徳川の太平のためには、“鬼”にもなると誓う。
家康の死後、三代将軍の跡目争いが激化。再び世は天下騒乱の気運が…。家光を支持するのは、利勝と乳母の春日の局。弟の忠長には、母・お江与と利勝の政敵・本多正純がつく。忠長を溺愛する母とそれに倣う父・秀忠。両親の愛を受けたいと、人一倍学ぶ家光だったが、逆にそれが疎ましさを増していた。この争いに乗じて、奥州の異端児・伊達政宗、阿波の古狸・蜂須賀蓬庵(小六の子)、故太閤秀吉の子飼いの福島正則らが、脆弱な徳川幕府を転覆させようと眼を光らせていた…。

寧々~おんな太閤記

出演/仲間由紀恵、市川亀治郎、村上弘明、原田泰造、十朱幸代、高橋英樹 ほか

あらすじ

永禄3年、尾張を平定したばかりの織田信長は、駿河の大将・今川義元に桶狭間で奇襲を仕掛けて戦に勝利した。そのころ、織田軍の足軽・木下藤吉郎は、清洲一の美女と称えられた寧々に思いを寄せるようになる。ある日、藤吉郎は「わしの女房になっていただきたい」と求婚。寧々は、突然の求婚に驚く一方、懸命に生き勤めに精を出す藤吉郎の人柄に惹かれて結婚を決意した。

永禄4年、寧々は、藤吉郎の足軽長屋で祝言を挙げた。こうして寧々は、藤吉郎の“おかか”となった。その後、藤吉郎は薪係台所方を拝命し、次第に頭角を現していく。主君・織田信長に仕えてその才能を買われ、織田家が躍進する立役者として活躍し、足軽から城持ちの大名へすさまじい勢いで登り詰めるのである。そんな藤吉郎を、寧々は内助の功で支えていた。

白虎隊

出演/森繁久弥、里見浩太朗、風間杜夫、竹脇無我、国広富之 ほか

あらすじ

文久2年、会津藩主・松平容保(風間杜夫)に京都守護職の命が下った。国家老・西郷頼母(里見浩太朗)は、攘夷の嵐が吹きまくる京へ行くより藩を守るべきと進言。しかし容保は、会津藩士千名を率い上洛。その中に会津藩士・井上丘隅(森繁久弥)の二人の娘婿、野村左兵衛(竹脇無我)と神保修理(国広富之)もいた。 彼らは、たちまち政治と武闘の最前線に立たされる。

風林火山

出演/里見浩太朗、舘ひろし、古手川祐子 ほか

あらすじ

時は戦国。一国一城の主を夢見て合戦場を渡り歩くこと20数年、片目が潰れるほどの大きな刀傷、おまけに片足が不自由な男、山本勘助(里見浩太朗)。この参州(三河)浪人の勘助が僥倖とも思える好機を生かし、軍師として甲斐の国主、武田晴信(舘ひろし)に仕官したのは、50歳の時であった。

藤沢周平の用心棒日月抄

出演/小林稔侍、寺尾聰、萬田久子 ほか

あらすじ

青江又八郎は藩のお家騒動がもとで心ならずも婚約者の父を斬って脱藩、江戸に出て生活のため用心棒をしている。そんな又八郎の前に国許からの刺客が次々と現れるが、彼は殺されるわけにはいかない。いつかは父の仇を討ちに来るはずの婚約者・由亀に出会い、彼女に討たれてやらなければならないという思いがあるからだ。そんな中、又八郎はふとしたことから赤穂浪士と知り合い、陰ながら浪士の義挙を応援することになる。

壬生義士伝

出演/渡辺謙、高島礼子、柄本明、伊原剛志、金子賢、内藤剛志、村田雄浩 ほか

あらすじ

幕末の盛岡南部藩。極貧の足軽・吉村貫一郎は、妻・しづや子供らを飢えから救うため、脱藩して新撰組に入ることを決意する。幕府に歯向かう浪人を次々と斬る新撰組は、腕がよければ身分にかかわらず出世できると言われていた。貫一郎は幼なじみの藩組頭・大野に別れを告げ、京に旅立つ。その後、近藤勇率いる新撰組に入隊し、次々と手柄を上げる。そして金のためと割り切り闘いへ出向く貫一郎を、人は“人斬り貫一”と呼んだ。だが、やがて坂本龍馬の力添えで薩長が同盟を宣言。世の中も新撰組も大きな変化を迎える。その時、貫一郎は…?

戻る

ページトップへ