テレビ愛知

NEWSニュース

名駅にコインロッカー専用モニター 簡単確認

18.03.20

13.jpg 11.jpg 12.jpg

名古屋駅にある
コインロッカーの
利便性を高めようと
JR東海は20日、
空き状況を
専用のモニターや
スマートフォンで案内する
サービスを始めました。

名古屋駅にある
コインロッカーです。
これまでは構内4カ所に
1044個用意されていました。
ところが、

「スーツケースとか重たい荷物を
 持っているにもかかわらず
(コインロッカーが)いっぱいだね
 と言いながらコインロッカーを
 探している姿をよく見かけました」
(名古屋ステーション開発
         高木香織さん)

こうした状況に対応しようと
JR東海は、
ロッカーの場所や空き状況が
一目でわかる専用のモニターを
構内6か所に設置しました。

「モニターに今、
 ロッカーの場所が示されています。
 一か所押してみます。
 するとその場所のサイズごとの
 空き状況が表示されます」
      (中筋孝臣記者)

また、スマートフォンでも
専用サイトにアクセスすれば
空き状況が確認できます。
担当者は
「これでスムーズに
 利用してもらえると思う」
と話していました。