テレビ愛知

NEWSニュース

バーチャル体験で労働災害防ぐ

18.04.06

感電事故などを
バーチャルリアリティで
体験できるシステムを
電気設備の点検保安を行う、
中部電気保安協会が開発し、
6日公開しました。

このシステムは、
作業員が危険を
体験することで
労働災害の防止に
つなげようと
開発したということです。

「感電の怖さ、
 転落する恐れを、
 実感することができました。
 業務を行う時に
 そういったことに
 留意しながら
 気をつけて作業したい。」
 (中部電気保安協会
    保安部上田正江さん)

担当者によりますと、
経験の浅い作業員を中心に、
こうした研修を
行っていくということです。