テレビ愛知

NEWSニュース

猫飼育で悪臭被害 部屋公開

18.06.11

名古屋市北区の市営住宅で

40匹あまりの猫を飼育し、
悪臭などの被害が
出ていた問題で、
飼い主の女性への
強制退去処分が11日行われました。

この女性の部屋も
報道陣に公開されました。

「40匹あまりの猫が飼育されていた
 こちらの部屋、
 床にはものが散乱し、
 猛烈な悪臭が漂っています。」
(報告 加藤万理)

この部屋に住む40代の女性は、
ペットを飼うことが
禁じられているにも関わらず、
40匹余りの猫を飼育。

近隣住人から
臭いや騒音などの苦情が
相次いだことから
市が部屋の明け渡しなどを
求めて裁判所に
提訴していました。

訴えを認めた
名古屋地裁は11日、
強制退去処分を行い、
市は住んでいた女性に対し、
部屋の修繕費の請求などを
検討するとしています。

「(女性が玄関を開けると)臭かった
 40何匹いたら臭いわな
 ちゃんと(ルールを)
 守らなくてはいけない」
(近隣住人)

飼育されていた猫は現在、
市の動物愛護センターで
保護されていて、
検査の結果、
健康状態に問題はないと
いうことで、
市では、新たな飼い主を
探す方針です。