テレビ愛知

NEWSニュース

高速道路初!レタスを収穫

18.12.06


「畑いっぱいのレタス、 
 作ったのは高速道路会社なんです」
         (高木大介記者)

名古屋に本社があるネクスコ中日本は、
2018年7月、
静岡県の企業と共同出資して
高速道路会社初の農業専門会社を設立。
初めての作物として
栽培したレタスが
収穫を迎えました。

初年度の収穫見込みは220トン!
でも、なぜ農業なのでしょうか?

「地域の農業を展開していくことで
 その地域の価値が上がる。
 結果として高速道路を利用する車が
 1台でも増えればいい」
(中日本高速道路 事業創造部
      宮部敬治サブリーダー)

今後は、
栽培する作物の種類を増やし
サービスエリアで
産直を展開する計画も
あるということです。