テレビ愛知

2016.12.24 『三菱重工業』 密着7ヵ月!すべて見せます“宇宙ロケット”スペシャル

前編後編

 日本の主力ロケット「H2Aロケット」の製造から打ち上げまで、全てをお見せするクリスマス特別編!実はロケットの大部分は、愛知を中心にした東海地方で作られているってご存知ですか?
 H2Aロケット(標準型)は、全長53メートル、重さ約290トン。その構造は大まかに分けると、「エンジン」、「燃料タンク」、衛星を積む「フェアリング」からできています。

 ロケットの巨体を持ち上げる強力なエンジンは、どのように作られるのか?
小牧にある三菱重工の工場に潜入すると…部品が凍る?ポンポンと大きな破裂音が!?さらに、人里離れた山の中で行われる、ど迫力のエンジン燃焼試験。今回、至近距離での撮影に大成功!
 ロケットの大部分を占めるのは燃料タンク。その両脇をふさぐお椀型の「タンクドーム」は、かつて海外から調達するしかなく、納期の遅れや品質のばらつきに悩まされていました。
 国産ドームを作れ!しかし、製作して見ると、亀裂が入ったり、端が跳ね上がったり。「ジンギスカン鍋を頼んだんじゃない!」と嫌味を言われながら、ついに難題を乗り越えた技術者たち。今回の工場ドラマには、なんと俳優・平泉成氏が特別出演!
 さらに、フェアリングを担う川崎重工・岐阜工場にも潜入!衛星を搭載するフェアリングは、なぜ、あんなにもきれいにパカッと開くのか。その秘密は、特殊なボルトにあった!?

 種子島宇宙センターへの深夜の大輸送作戦、打ち上げ当日の機体移動、そして感動の打ち上げまで。密着7ヵ月!めったに見られない迫力映像満載の90分です!

番組概要

東海地方の『工場』には、驚きがぎっしり! 東海地方はニッポンのものづくりを支える一大拠点なのに、何が、どこで、どのように作られているのか、意外と知られていません。そこで、ものづくりの心臓部、『工場』にカメラが潜入!なぜ、その製品の開発に挑んだのか?なぜ、世界No.1のトップシェアになれたのか?自慢の工場には、どんな知恵や工夫が潜んでいるのか?スーパースローなど、特殊カメラを駆使した迫力映像に、スーパー職人たちの神技、そして知られざる製品開発の秘話まで。ココだけでしか見ることができない、素晴らしき“ものづくりの世界”がここに!

過去の放送

ページトップへ