テレビ愛知

番組表

放送内容

月曜日

放送休止

火曜日

「手裏剣お秀」2017/03/21

秋山小兵衛(藤田まこと)の家に来る鰻屋の又六(徳井優)が、長屋の隣の部屋に住む益田忠八(宇梶剛士)ら三人の浪人が物騒な話をしているのを聞いた。
品川台町にいる若い女を斬れば五両になる。ただし、旗本三人を散々な目にあわせた腕の立つ女だという。
話を聞いた小兵衛と女剣士の佐々木三冬(大路恵美)は品川に急いだ。木立の中に「一刀流指南 杉原左内」と大きな看板がかけられていた。
杉原左内(寺田農)とその娘秀(遊井亮子)が、農家の若者たちを相手に開いている道場だった。
小兵衛は秀と三冬の手合わせを申し出る。手裏剣を使う秀は強いが、左内は病身。
小兵衛は、「近いうちに三人の旗本が腕利きの助っ人三人を連れてここを襲う。父とともに身を隠した方が良い」と忠告する。
しかし秀は「わたくしたち親子はここを死に場所と決めている」と逃げることを拒んだ。何かいわくがありそうだ。

【出演者】藤田まこと、大路恵美、小林綾子、梶芽衣子

水曜日

「鬼熊酒屋」2017/03/22

秋山小兵衛(藤田まこと)が時々訪ねる鬼熊酒屋は、小さな店だが酒も食い物もうまいし安い。
亭主の熊五郎(大滝秀治)は気難しく、他に迷惑をかけるような客は追い出してしまう。
小兵衛はそんな熊五郎が気に入ったのだが、その面構えから、「人の二、三人は殺しているような」と思っていた。
ある日、小兵衛は鬼熊酒屋に向かう途中の野原で、熊五郎が腹を押さえてもがき苦しんでいるのを見た。
かなりひどい病のようだ。店は娘のおしん(佐藤友紀)とその夫文吉(木下ほうか)の三人でやっているのだが、娘夫婦にも病気のことを言えないらしい。
熊五郎に、小兵衛は孤独の影を見た。小兵衛は熊五郎がいない時、おしんから身の上話を聞き出した。熊五郎はおしんの本当の父親ではなかった。

【出演者】藤田まこと、大路恵美、小林綾子、三浦浩一

木曜日

「狂乱」2017/03/23

秋山小兵衛(藤田まこと)は老中の田沼意次(平幹二朗)から、石山甚市(永澤俊矢)という剣士の指導を頼まれた。
自分は隠居の身なので、友人の牛堀九万之助(竜雷太)の道場に預けることにした。
道場での石山は門人を次々と倒すが、大身の旗本・本多家の家臣のはずなのに、まるで道場破りのような態度で、見ていた小兵衛は「狼のような男だ」と思った。
石山は本多家の側用人・豊田孫左衛門(磯部勉)が、伊勢の藤堂家から本多家に移った時に連れてきた男で、田沼はもちろん、本多とも面識がない。
そんな男を豊田が推して、田沼にまで達したのはなぜか。小兵衛は気になった。
本多家での石山は家臣たちの嫌われ者だった。なのに豊田を見下したようなところがある。豊田の妻稲(杉田かおる)と石山とはただならぬ関係に見える。

【出演者】藤田まこと、大路恵美、小林綾子、三浦浩一

金曜日

「冬木立」2017/03/24

秋山小兵衛(藤田まこと)は、深川の相模屋という居酒屋に3年ぶりに入って、わが目を疑った。
小ざっぱりした店は薄汚く変わり、きびきびと働く感じの良い少女だったおきみ(雛形あきこ)が、だらしなく着崩れた姿で酔っていた。
弥七(三浦浩一)に調べさせると、相模屋には一昨年強盗が入り、亭主と小女が殺され金を盗まれていた。
料理人の竹造(山崎銀之丞)が、無事だったおきみと一緒になり店を継いだが、竹造は酒と博打にはまっていた。
小兵衛は、おきみの幸せを考えて単身相模屋に乗り込み、おきみを連れ出し、不二楼のおもと(梶芽衣子)に預けた。
おきみは、相模屋の亭主を殺したのは自分だと告白した。

【出演者】藤田まこと、大路恵美、小林綾子、梶芽衣子

過去の放送はこちら

PageTop

各ページに掲載された記事・写真等の無断転用を禁じます。無断で加工、転載などを行うと、著作権法に基づく処罰の対象になる場合があります。