テレビ愛知

番組表
「小島武夫の千里眼麻雀」#1 女性雀士を迎えての戦い!

『#1 女性雀士を迎えての戦い!』 2011年1月9日放送

これまでの対局

女流雀士の戦い(#2~#13)

放送/2011年1月16日~3月31日

わずか82センチ角の麻雀卓のまわりに、ズラリとカメラ10台を設置。打ち手の表情もバッチリお見せしましょう!

番組詳細を見る

対局

宮内こずえ 日本プロ麻雀連盟 愛媛県出身 O型
女優から麻雀プロに転身した異色のプロ雀士。プロ団体が主催する公式タイトルはまだないが、テレビ対局では6回の優勝を勝ち取るなど驚異的な強さを見せる。

涼崎いづみ 最高位戦日本プロ麻雀協会 宮城県出身 O型
第5期プロクイーン優勝、第6期準優勝ほか、第11期女流名人戦準優勝、第7期女流最高位戦準優勝など各タイトル戦で活躍している実力派女流プロ。

朝倉ゆかり 日本プロ麻雀協会 沖縄県出身 O型
第7期新人王戦において、女子プロ初の優勝を果たし注目を浴びる。その後着実に力をつけ、第7、第8期女流雀王を連覇。プロ協会を代表する女流プロになった。

長内真実 日本プロ麻雀連盟 北海道出身 A型
プロデビューから間もなく、テレビ対局に初出場で優勝するという離れ業をなしとげた。14歳の時に歌手としてCDデビューを果たしたという経歴も持つ。

解説

小島武夫 日本プロ麻雀連盟 最高顧問 9段 福岡県福岡市出身 O型
ミスター麻雀。最高位等幾多の栄誉に2010年、新設されたグランプリMAXのタイトルを加えた。魅せる麻雀が信条。

佐藤あいり 日本プロ麻雀連盟 青森県出身 O型
プロ連盟中部本部所属、愛知県在住の女流雀士。

朝倉ゆかりプロに強豪アマが挑戦!(#14~#26)

放送/2011年4月3日~6月26日

前回の女流プロ雀士対決を制した朝倉ゆかりプロに3人の男性アマチュア雀士が挑戦!対局途中で小島武夫がポイントをチェック!なぜ、その戦法を取ったのか?打牌の理由は?小島流見解が提示されます。

番組詳細を見る

対局

朝倉ゆかり 日本プロ麻雀協会 沖縄県出身 O型
第7期新人王戦において、女子プロ初の優勝を果たし注目を浴びる。その後着実に力をつけ、第7、第8期女流雀王を連覇。プロ協会を代表する女流プロになった。

伊藤文博さん 麻雀歴/30年 麻雀をするペース/週1回 好きな麻雀手/タンピン 和了った事の無い役満/天和

坂巻稔永さん 麻雀歴/30年 麻雀をするペース/週1回 好きな麻雀手/三色同順 和了った事の無い役満/天和

臼井一弘さん 麻雀歴/26年 麻雀をするペース/週2~3回 好きな麻雀手/四暗刻 和了った事の無い役満/四槓子

解説

小島武夫 日本プロ麻雀連盟 最高顧問 9段 福岡県福岡市出身 O型
ミスター麻雀。最高位等幾多の栄誉に2010年、新設されたグランプリMAXのタイトルを加えた。魅せる麻雀が信条。

佐藤あいり 日本プロ麻雀連盟 青森県出身 O型
プロ連盟中部本部所属、愛知県在住の女流雀士。

朝倉ゆかり・協会所属に連盟所属プロが挑む(#27~#39)

放送/2011年7月3日~9月25日

女流雀士対決を制し、アマチュア腕自慢の挑戦を退け連勝中の朝倉ゆかりを止めるのは、やはり男性雀士か?麻雀界の若き獅子が登場!今回は男女プロ雀士対決でお楽しみください。プロ雀士対決ですので、打ち手カメラが復活です。わずか82センチ角の麻雀卓のまわりに、ズラリとカメラ10台を設置。一流プロの表情に変化はあるのか?じっくりとお見せしましょう。対局途中で小島武夫がポイントをチェック!なぜ、その戦法を取ったのか?打牌の理由は?小島流見解が提示されます。

番組詳細を見る

対局

朝倉ゆかり 日本プロ麻雀協会 沖縄県出身 O型
第7期新人王戦において、女子プロ初の優勝を果たし注目を浴びる。その後着実に力をつけ、第7、第8期女流雀王を連覇。プロ協会を代表する女流プロになった。

滝沢和典 日本プロ麻雀連盟 6段 新潟県出身 B型
プロアマ混合での日本一を競う王位戦第32期、33期を連覇。甘いマスクとストイックな雀風で活躍する若きエース。

内川幸太郎 日本プロ麻雀連盟 3段 長野県出身 0型
プロ6年目の30歳。イケメンつながりでポスト・タッキーと期待がかかるホープ。雀風はバランス重視の対応型。

高橋葵 日本プロ麻雀連盟 2段 東京都出身 A型
昨年度のプロクイーン決定戦でベスト16に。闘志を前面に出す女流雀士が多い中で珍しい癒し系。雀風も守備型。

解説

小島武夫 日本プロ麻雀連盟 最高顧問 9段 福岡県福岡市出身 O型
ミスター麻雀。最高位等幾多の栄誉に2010年、新設されたグランプリMAXのタイトルを加えた。魅せる麻雀が信条。

宮内こずえ 日本プロ麻雀連盟 愛媛県出身 O型
女優から転身した異色雀士。キャッチフレーズは純白の牌奏者。

アマ男子2名が女流雀士2名に挑戦(#40~#52)

放送/2011年10月2日~12月25日

実況席に話題の新人が登場です。2011年プロ・デビューした小島優の祖父は、ミスター麻雀、小島武夫!今回は訊き難いこともズバズバ訊いちゃおー。本邦初公開の"先生と孫娘解説" でお楽しみください。対局途中で小島武夫がポイントをチェック!なぜ、その戦法を取ったのか?打牌の理由は?小島流見解が提示されます。

番組詳細を見る

対局

高橋葵 日本プロ麻雀連盟 2段 東京都出身 A型
昨年度のプロクイーン決定戦でベスト16に。闘志を前面に出す女流雀士が多い中で珍しい癒し系。雀風も守備型。

トン・ジョユィン 日本プロ麻雀連盟 初段 中国・上海出身 A型
麻雀発祥の地からやってきた美少女。数学的で空間的だと言う麻雀は攻撃的。

澤田陽司さん 愛知県出身 AB型
麻雀歴/40年 麻雀をするペース/週1回 好きな麻雀手/赤三色 和了った事の無い役満/天和、四槓子

小川重樹さん 愛知県出身 AB型
麻雀歴/28年 麻雀をするペース/週2~3回 好きな麻雀手/役満 和了った事の無い役満/天和、清老頭、四槓子

解説

小島武夫 日本プロ麻雀連盟 最高顧問 9段 福岡県福岡市出身 O型
ミスター麻雀。最高位等幾多の栄誉に2010年、新設されたグランプリMAXのタイトルを加えた。魅せる麻雀が信条。

小島優 日本プロ麻雀連盟 初段 愛知県出身 O型
ミスター麻雀・小島武夫の孫娘。2010年プロ・デビュー。

女流(先輩・後輩)雀士4人が対決(#53~#65)

放送/2012年1月8日~4月1日

今回はズラリと美女勢揃いでお送りします。解説はミスター麻雀・小島武夫と、 女性で唯一人、王位のタイトルを持つ清水香織の豪華版。対局途中のポイント・チェックも厳しい先生と、後輩思いの清水プロのコンビネーションでお楽しみください。今回はプロ雀士対決ですので、打ち手・窓が復活です。わずか82センチ角の麻雀卓のまわりにズラリとカメラ10台を設置。対局中の一流プロの表情に変化はあるのか? じっくりとお見せしましょう。

番組詳細を見る

対局

和泉由希子 日本プロ麻雀連盟 3段 東京都足立区出身 O型
対局中は表情を変えないアイスドール。第5回モンド21王座決定戦を制し女流最強の一人に。プロポーションも素敵。

田村りんか 日本プロ麻雀連盟 2段 東京都荒川区出身 AB型
グラビアアイドル出身で、美しさと気さくさを持ち合わせる。プロ2年目の第4期プロクイーンで3位。雀風は手役重視。

京平遥 日本プロ麻雀連盟 初段 静岡県湖西市出身 A型
プロ連盟静岡支部所属。ニュータイプと言われる意外な打ち筋で注目のプロ3年目。スケールの大きな雀士にと期待を集める。

白河雪菜 日本プロ麻雀連盟 初段 東京都新宿区出身 B型
学生時代から六大学麻雀リーグで活躍しプロ入り2年目。フワフワな愛らしい外見と、新世代の天衣無縫さにびっくり。

解説

小島武夫 日本プロ麻雀連盟 最高顧問 9段 福岡県福岡市出身 O型
ミスター麻雀。最高位等幾多の栄誉に2010年、新設されたグランプリMAXのタイトルを加えた。魅せる麻雀が信条。

清水香織 日本プロ麻雀連盟 5段 栃木県那須塩原市出身 O型
王位のタイトルを持つ女流雀士の第一人者。セメントクイーンの名のとおりスーパー攻撃型。

アマチュア3名が女流雀士に挑戦(#66~#78)

放送/2012年4月8日~7月1日

昨年(2011年)末開催の千里眼麻雀・予選会から選抜された3人のアマ雀士が、ディフェンディング・チャンピオン和泉由希子に挑戦します。ミスター麻雀・小島武夫とともに解説にあたるのは、前回対局で鮮やかな字一色小四喜を和了った田村りんかです。

番組詳細を見る

対局

和泉由希子 日本プロ麻雀連盟 3段 東京都足立区出身 O型
対局中は表情を変えないアイスドール。第5回モンド21王座決定戦を制し女流最強の一人に。プロポーションも素敵。

津田功司さん 愛知県稲沢市出身 AB型
麻雀歴/23年 麻雀をするペース/週1回 好きな手役/四暗刻 趣味/麻雀、将棋

久田栄一さん 愛知県常滑市出身 AB型
麻雀歴/25年 麻雀をするペース/年数回程度 好きな手役/字一色、緑一色 趣味/麻雀、犬の飼育

松嶋由希江さん 愛知県豊川市出身 O型
麻雀歴/5年 麻雀をするペース/週4~5回 好きな手役/平和、面混七対子 趣味/麻雀、お酒

解説

小島武夫 日本プロ麻雀連盟 最高顧問 9段 福岡県福岡市出身 O型
ミスター麻雀。最高位等幾多の栄誉に2010年、新設されたグランプリMAXのタイトルを加えた。魅せる麻雀が信条。

田村りんか 日本プロ麻雀連盟 2段 東京都荒川区出身 AB型
グラビアアイドル出身で、美しさと気さくさを持ち合わせる。雀風は手役重視。

名人戦+アマ一人の戦い(#79~#91)

放送/2012年7月8日~9月30日

今回はリベンジ戦です。過去3回の対局で優勝、優勝、2位と無類の強さを誇った朝倉ゆかり。彼女との対戦で4位に終わった3人が雪辱を期して、千里眼麻雀に戻ってきました。白熱の対局をお楽しみください。実況席はミスター麻雀・小島武夫とアイスドール和泉由希子。対局前の予想は先生「朝倉と打ってラス引いてるからね。今度は男性が頑張るだろう」。アイスドールはもちろん「ウチの宮内」。卓のマットはリベンジ戦なので黒で。打ち手・窓も復活してお送りします。

番組詳細を見る

対局

朝倉ゆかり 日本プロ麻雀協会 沖縄県豊見城市出身 O型
第7期新人王戦で女子プロ初の優勝を果たしその後、第7期第8期女流雀王を連覇。プロ協会を代表する女流プロに。

宮内こずえ 日本プロ麻雀連盟 4段 愛媛県松山市出身 O型
女優から転身した異色のプロ雀士。テレビ対局では驚異的な強さを見せる。キャッチフレーズは純白の牌奏者。

内川幸太郎 日本プロ麻雀連盟 4段 長野県松本市出身 O型
ポスト滝沢和典と期待がかかるホープ。雀風はバランス重視の対応型。昨年の第37期王位戦で3位。

坂巻稔永さん 名古屋市西区出身 A型
麻雀歴/31年 麻雀をするペース/週1.5回 好きな手役/三色同順 趣味/麻雀

解説

小島武夫 日本プロ麻雀連盟 最高顧問 9段 福岡県福岡市出身 O型
ミスター麻雀。最高位等幾多の栄誉に2010年、新設されたグランプリMAXのタイトルを加えた。魅せる麻雀が信条。

和泉由希子 日本プロ麻雀連盟 3段 東京都足立区出身 O型
対局中は表情を変えないアイスドール。プロポーションも素敵。

特別編:みんなで解説しよう!(#92~#104)

放送/2012年10月7日~12月29日

小島先生が千里眼麻雀でついに打つ!今回は特別編です。先生と対局するのは、王位のほかプロクイーン、女流桜花とタイトルを総なめにしている清水香織。同じ王位連覇の理論派・滝沢和典。そして女優出身、テレビはおまかせの宮内こずえ。ズラリとスター雀士が揃いました。白熱の対局をお楽しみください。解説は対局者4人。自らの打ち筋を振り返って進行するという前代未聞の進行でお送りします。こういう局面ではどう対処するかなど、実戦アドバイスも満載。ぜひご参考にしてください。

番組詳細を見る

対局・解説

小島武夫 日本プロ麻雀連盟最高顧問 9段 福岡県福岡市出身 O型
ミスター麻雀。最高位等幾多の栄誉に2010年、新設されたグランプリMAXのタイトルを加えた。魅せる麻雀が信条。

清水香織 日本プロ麻雀連盟 5段 栃木県那須塩原市出身 O型
第27期王位のほか数々のタイトルを持つ女流雀士の第一人者。セメントクイーンの名のとおりスーパー攻撃型。

滝沢和典 日本プロ麻雀連盟 6段 新潟県長岡市出身 B型
第4回野口賞受賞で頭角を現し王位戦第32期、33期を連覇。甘いマスクとストイックな雀風で活躍する若きエース。

宮内こずえ 日本プロ麻雀連盟 4段 愛媛県松山市出身 O型
女優から転身した異色のプロ雀士。テレビ対局では驚異的な強さを見せる。キャッチフレーズは純白の牌奏者。

フレッシュ女流雀士対決!(#105~#117)

放送/2013年1月6日~3月31日

新春のスタジオに若い女流雀士がそろいました。小島先生は「今年は女子を売り出したいから、みんな自分をアピールする麻雀を打って欲しい」。解説の平岡理恵プロは「新人プロの対局。手のぶつかり合いを期待します」。今回は、女流ホープ対決でお楽しみください。

番組詳細を見る

対局

中山奈々美 日本プロ麻雀連盟 初段 長野県松本市出身 A型
2009年プロデビュー。現役女子大生だが何年目かは内緒・・・。映画をこよなく愛し、食へのこだわりも半端じゃない。

小島優 日本プロ麻雀連盟 初段 名古屋市中川区出身 O型
2010年プロデビュー。ミスター麻雀の孫娘。物をはっきり言うのもおじいちゃんゆずり?気さくで結構、姉御肌。

高宮まり 日本プロ麻雀連盟 初段 千葉県常総市出身 O型
2010年プロデビュー。プロポーションでまず注目の的に。真面目な性格でもの静かだが芯はとても強い。

富村つぐみ 日本プロ麻雀連盟 初段 名古屋市中村区出身 B型
高校の同級生だった小島優と一緒にプロデビュー。大のAKB好きで、派手な外見とは裏腹に性格は穏やか。

解説

小島武夫 日本プロ麻雀連盟 最高顧問 9段 福岡県福岡市出身 O型
ミスター麻雀。最高位等幾多の栄誉に2010年、新設されたグランプリMAXのタイトルを加えた。魅せる麻雀が信条。

平岡理恵 日本プロ麻雀連盟 4段 静岡県静岡市出身 A型
9歳で家庭麻雀を始め、静岡大3年の時プロに。プロクイーン準優勝2回。キャッチフレーズは魅惑のサウスポー。

ベテラン女流雀士対決!(#118~#130)

放送/2013年4月7日~6月30日

それぞれ異なった大舞台で戴冠している実力派女流プロ4人の顔合わせです。「麻雀に深みが出る。ベテランはこれだけの違いがあると視聴者の方もわかって面白いんじゃない」と先生。解説の宮内プロは「最高位戦の二人はバランス型で手強い。あがり症のみっちゃんはいつもどおりの麻雀を期待、乗った時のサキクは大変」。今回は女流タイトルホルダー対決でお楽しみください。

番組詳細を見る

対局

茅森早香 最高位戦日本プロ麻雀協会 北海道苫小牧市出身 B型
テレビ初対局で女流モンドを制し天才と注目される。第11期女流最高位。雀風は守備重視のバランス型。

優木美智 日本プロ麻雀連盟 4段 福岡県福岡市出身 B型
学習院女子大卒業後、就職してからプロに。2年目で第1期女流桜花を戴冠。ソフトな容姿とは逆に麻雀は強気。

手塚紗掬 日本プロ麻雀連盟 初段 北海道えりも町出身 O型
2つの団体、フリーを経て昨年プロ連盟に。第1期女流雀王。冷静沈着な打牌からダイヤモンドダストの異名を持つ。

北島朋子 最高位戦日本プロ麻雀協会 東京都新宿区出身 O型
ボーイッシュな外見が魅力の攻撃型雀士。18歳でプロデビュー、4年目で第14期女流名人のタイトルを獲得。

解説

小島武夫 日本プロ麻雀連盟 最高顧問 9段 福岡県福岡市出身 O型
ミスター麻雀。最高位等幾多の栄誉に2010年、新設されたグランプリMAXのタイトルを加えた。魅せる麻雀が信条。

宮内こずえ 日本プロ麻雀連盟 4段 愛媛県松山市出身 O型
女優から転身した異色のプロ雀士。テレビ対局では驚異的な強さを見せる。キャッチフレーズは純白の牌奏者。

小島武夫が選んだ若手イケメンプロ雀士対決(#131~#143)

放送/2013年7月7日~9月29日

今回は千里眼麻雀で初めて、男性プロ雀士だけの対局をお送りします。「これから伸びそうな人を選んだ。プロはお客さんが見るってコトでどれだけの表現力を持っているか、どれくらいの麻雀が打ちきれるかが楽しみ」と先生。解説の宮内プロは「新しい時代を担う男性雀士がずらっと。みんな頭が良くて、けっこうキャラもおもしろいよー」。今回は4人の男性プロに“とっておき”の問題を持ってきてもらいました。久しぶり“次の一手”もお楽しみください。

番組詳細を見る

対局

山田浩之 日本プロ麻雀連盟 6段 兵庫県神戸市出身 B型
プロ6年でA1リーグ入りを果たす。第19期チャンピオンズリーグ覇者。麻雀は腰が重く攻撃型の一面も。

勝又健志 日本プロ麻雀連盟 5段 東京都墨田区出身 B型
06年にA2リーグ入り以降一度も降級がない。第2期グランプリMAXを戴冠。理論的で洞察力に長けた守備型。

杉浦勘介 日本プロ麻雀連盟 4段 愛知県刈谷市出身 AB型
プロ連盟からは滝沢和典以来2人目の野口賞を受賞。パワフルな攻撃と繊細な受けを兼ね備えたバランス型。

白鳥翔 日本プロ麻雀連盟 4段 東京都練馬区出身 A型
プロ5年目24歳で、最年少Aリーグ入りの記録を塗り替えたホープ。手数重視の守備型スタイルが変わりつつある。

解説

小島武夫 日本プロ麻雀連盟 最高顧問 9段 福岡県福岡市出身 O型
ミスター麻雀。最高位等幾多の栄誉に2010年、新設されたグランプリMAXのタイトルを加えた。魅せる麻雀が信条。

宮内こずえ 日本プロ麻雀連盟 4段 愛媛県松山市出身 O型
女優から転身した異色のプロ雀士。テレビ対局では驚異的な強さを見せる。キャッチフレーズは純白の牌奏者。

小島先生 vs 美女雀士 6人バトル(#144~#156)

放送/2013年10月6日~12月29日

今回は小島武夫プロと5人の美人女子プロ雀士の6人バトル対局をお送りします。対局者以外の2人のプロが解説を担当して、6人の中の総合ポイント1位のプロ雀士が賞品のタイ旅行を賭けたゲームに挑みます。番組では1年ぶりの対局の小島先生と宮内プロは前回の雪辱ができるのか。番組3度目の対局の和泉プロと2度目の田村プロ・高宮プロに番組初登場の関西から来た中川プロはいかに戦うのか。美人女子プロ雀士に囲まれてごきげんの小島先生がどんな魅せる麻雀をするのか。見どころ満載の対局です。

番組詳細を見る

対局・解説

小島武夫 日本プロ麻雀連盟 最高顧問 9段 福岡県福岡市出身 O型
ミスター麻雀。最高位等幾多の栄誉に2010年、新設されたグランプリMAXのタイトルを加えた。魅せる麻雀が信条。

宮内こずえ 日本プロ麻雀連盟 4段 愛媛県松山市出身 O型
女優から転身した異色のプロ雀士。テレビ対局では驚異的な強さを見せる。キャッチフレーズは純白の牌奏者。

和泉由希子 日本プロ麻雀連盟 4段 東京都足立区出身 O型
冷静に対局を進めることから「アイスドール」と呼ばれている美しき女流雀士。

田村りんか 日本プロ麻雀連盟 2段 東京都荒川区出身 AB型
グラビアアイドルから麻雀プロに転身した人気雀士。打ち筋は小島先生に似て手役重視。

中川由佳梨 日本プロ麻雀連盟 3段 大阪府出身 A型
関西を中心に活躍。攻守バランス型でファンに愛される麻雀プロを目指し、日々修行中。

高宮まり 日本プロ麻雀連盟 2段 茨城県常総市出身 O型
プロポーションでまず注目の的に。真面目な性格でもの静かだが芯はとても強い。

PageTop