韓流情報 テレビ愛知オリジナル韓国エンタメ情報

韓流情報 テレビ愛知オリジナル韓国エンタメ情報

友だち追加数
テレビ愛知 韓ドラ☆クラブ

テレビ愛知で放送中の情報番組 はちまるまる
金曜コーナー「はちまるまる エンタメFriday!」に古家正亨さん登場!!

ラジオDJ、イベントMC、そして韓国大衆文化ジャーナリストとして活躍中の古家正亨さんがテレビ愛知で放送する韓ドラの見どころや、韓ドラを10倍楽しむ方法などをお伝えします!!

【1月の放送予定】
1月15日(金)朝8:00~情報ステーションはちまるまる
1月29日(金)朝8:00~情報ステーションはちまるまる

韓ドラ

放送中

1部 月曜~金曜 朝8:15~

太陽を抱く月

武神

舞台は13世紀の高麗。王と文臣貴族による朝廷は権力を失い、武力を背景とした武臣が政権の座に就いて約50年。権力闘争に勝利し武臣政権の頂点に立ったチェ・チュンホンは、自らの権力基盤である都房(トバン)を率いて国政を牛耳っていた…。

番組ページ

2部 月曜~金曜 朝9:30~

王は愛する

王は愛する

第25代高麗王の息子ウォンは、美しい容姿と知性にあふれ、大胆な行動力で人々を引き付ける卓越した能力の持ち主だが、母親が元(げん)のフビライ王の娘であったため、父親から忌み嫌われ警戒されていた。政に興味を持たず、権力争いも嫌い、いつも親友リンと過ごしていた。ウォンにとってリンは、家族よりも心を許せる存在であり、一生を共にすると誓った特別な存在であった。リンは、友でありながらも護衛としてウォンを誰よりも近くで支えていた…。

番組ページ

韓ドラバックナンバー

太陽を抱く月

太陽を抱く月

二つの太陽と一つの月 天のいたずらが、過酷な恋のはじまりを告げる。太陽のようにあたたかく輝く王子フォン、太陽を優しく見守る月のような少女ヨヌ。運命に導かれるように恋に落ちた二人。しかし、婚礼を目前にヨヌが原因不明の病にかかり命を落とす…。

階伯-ケベク-

サテク妃の脅威に脅え無能なふりをして生きてきたウィジャ王子の右腕となり、ウィジャ王子と共にサテク妃の巨大な力に立ち向かい百済を最も強い国に建て直した名将軍ケベクの波乱に満ちた英雄ストーリー!

オクニョ 運命の女(ひと)

16世紀半ばの朝鮮王朝時代。
刺客に襲われた妊婦が監獄に逃げ込み、女児を出産後に命を落とす。オクニョと名づけられ、監獄で育てられたその少女には天賦の才があった。囚人たちから教わる法や易経などの知識や明の言葉を次々と身につけていき、成長したオクニョは、母の死の謎を追う中で、国を揺るがす陰謀に巻き込まれていく…

花郎<ファラン>

今から1500年前の新羅時代。賤民の村で暮らすムミョンは、生き別れた家族を捜したいという親友のマンムンと共に都に潜入する。ところが、二人は禁軍に追われて深手を負い、マンムンは命を落とす。ムミョンはマンムンの本名“ソヌ”を名乗り…

不滅の恋人

朝鮮王朝時代。国王と2人の大君イ・ガンとイ・フィは三兄弟。次男のチニャン大君【イ・ガン】は、幼少時、病弱な長男の王位継承をおびやかさぬよう、宮廷を出され、家族と離れて育った。一方、三男のウンソン大君【イ・フィ】は、端正な顔立ちで心優しく、芸術の才能もあり、誰からも愛されていた…

マイ・ヒーリング・ラブ~あした輝く私へ~

ダメ夫のワンスンの代わりに、いくつもアルバイトを掛け持ちしながら、家計を支えるチウ。夢のマイホーム建設に向けて掘削機の試験を受けに行き、会場に居合わせた男性ジンユに…

奇皇后 ふたつの愛 涙の誓い

幼いころから剣術を学び、火のような決断力と氷のような判断力を持つスンニャン(後の奇皇后)。元の皇子でありながら、権力争いにより高麗に流刑されたタファン。 国王だったが、高麗を守るため退位させられ、人質として元に向かうワン・ユ…

ホジュン~伝説の心医~

すべての人を救い、すべての人が彼を愛した。
軍官の父に憧れて育ったジュンは聡明な少年だったが、やがて身分の低い側室の母から生まれた庶子の自分が望み通りに生きるのは難しいと悟る。成長後、自暴自棄な生活をするジュンは密貿易に手を出して捕まり…

雲が描いた月明り

幼い頃から男装して生きてきたサムノムことラオンは、恋愛相談の専門家。ある日、「自分の代わりに恋する女性に会ってほしい」という男性の依頼をしぶしぶ引き受けるが、その相手とは一国の姫であるミョンウン公主だった…

麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~

ある日、化粧品販売員のコ・ハジンは、湖に落ちた子供を助けようとして溺れてしまう。目を覚ますと、なんとそこは高麗時代だった!ハジンの魂は少女ヘ・スの体で目覚め、高麗の初代皇帝ワン・ゴンの宮廷で生活を送ることに…

バックナンバーをもっと見る
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や・ら・わ行

ページトップへページトップへ