テバク ~運命の瞬間(とき)~
友だち追加数

プレゼントキャンペーン

『テバク~運命の瞬間(とき)~ DVDセット、ブルーレイセット』 各1名様、『ヨ・ジング サイン入りポラロイド』 1名様にプレゼント
今回のプレゼントは…

『テバク~運命の瞬間(とき)~ DVDセット、ブルーレイセット』 各1名様、『ヨ・ジング サイン入りポラロイド』 1名様
5月6日(月)放送の朝ドラW2部「テバク~運命の瞬間(とき)~」の番組内で発表するキーワード書いて応募してください!
応募はTwitterと応募フォームから。ぜひ当日の放送をチェックしてくださいね!

Twitterで応募

テレビ愛知をフォロー&ツイートで応募する。
テレビ愛知公式Twitterアカウント(@tv_aichi)をフォローしてね!

キーワードと番組の感想をつぶやいて応募完了!

ツイートして応募する
フォームで応募
フォームから応募する

【応募受付】
2019年5月6日(月)午前9:30~午前11:30 送信有効

『韓国ドラマで学ぶ韓国の歴史 2019年版
    』を 5名様にプレゼント!
次回のプレゼントは…

『韓国ドラマで学ぶ韓国の歴史 2019年版 』を5名様にプレゼント!
5月10日(金)放送の朝ドラW2部「テバク~運命の瞬間(とき)~」の番組内で発表するキーワード書いて応募してください!
応募はTwitterと応募フォームから。ぜひ当日の放送をチェックしてくださいね!

Twitterで応募

テレビ愛知をフォロー&ツイートで応募する。
テレビ愛知公式Twitterアカウント(@tv_aichi)をフォローしてね!

キーワードと番組の感想をつぶやいて応募完了!

ツイートして応募する
フォームで応募
フォームから応募する

【応募受付】
2019年5月10日(金)午前9:30~午前11:30 送信有効

テレビ愛知 韓ドラ☆クラブ

STORY

第11話 招かれた刺客

2019年4月26日(金)

師匠が刺客だと知ったテギルは残してあった地図を頼りに宮殿に向かい王の暗殺計画を止めようとする。イ・インジャはホンメを呼び出し西小門にいる六鬼神に会ってきてくれと使いを頼む。負傷したタムソを外に運び出したヨニン君は献身的に看病するが…。

CAST

粛宗と淑嬪チェ氏(ボクスン)の間に生まれるが、生後間もなく死んだことにされ、ボクスンの元夫で賭博師のペク・マングムのもとで育てられる。自分の出自を知らぬまま成長するが、イ・インジャと出会うことにより自らの運命と向き合うことになる。 生まれ持った強運で幾つもの死線を越え、マングムの命を奪ったインジャに復讐を誓うが…。 史実では生後2か月で亡くなったという粛宗と淑嬪チェ氏との間に生まれたヨンス王子がモデルになっており、もしこの子供が生きていたら…という発想のもと、誕生した人物。

粛宗と淑嬪チェ氏の間に生まれた次男。のちに李氏朝鮮の歴代国王の中でも最長となる約52年間在位した第21代国王・英祖となる人物で、「イ・サン」で知られる第22代国王・正祖の名治世の礎を築くことになる。本作ではまだ青年期の王子・ヨニン君として登場。父である粛宗からは期待を向けられているものの、母親が元は下女だったために周囲からは軽んじられている。 宮廷内で生き残るため、酒色に溺れた遊び人を装っているが、イ・インジャの怪しい動きを察知し警戒し始める。そんな中、インジャの刺客として育ったタムソに心を奪われ…。

テギルとヨニン君の母。元は宮廷で下女として働き、夫のペク・マングムに苦労をさせられていたが、イ・インジャの差し金で粛宗に見初められ側室となる。間もなく身ごもり男子を出産するが、禧嬪チャン氏の嫉妬を買ってしまう。生まれた子の命の危険を察知したボクスンは、子どもをすり替えて秘密裏にマングムへ託し、自分の子どもは死んだことにするが…。 史実では出自は不明となっているが、低い身分から側室では最高位となる嬪の位にまで上り詰めた数奇な運命の女性で、ドラマ「トンイ」のモデルにもなっている。

幼い頃、粛宗に側近くで仕える武官だった父をイ・インジャによって殺されてしまうが、その事実を知らぬままインジャに引きとられ、粛宗が父の仇だと聞かされて育つ。誰をも魅了してしまう美貌を持つが、男性や恋愛のことよりも、ただただ粛宗への復讐を果たすため刃を研いできた。育ての父であり、師匠でもあるインジャには一生かかっても返しきれない恩を感じており、インジャのために刺客として人の命を奪うことも厭わない。しかし、テギルとヨニン君と出会うことにより、心が揺れ始め…。

ヨニン君が英祖として即位してから4年後、1728年にイ・インジャの乱と呼ばれる謀反を起こす人物。本作では挙兵するまでの過程が新たな切り口と斬新な解釈で描かれており、粛宗に一門を滅ぼされた恨みを晴らすべく、粛宗の命と玉座を狙っている。そのためにボクスンを粛宗の元に送り込んだり、世子ユンの母親であるチャン氏が服毒死させられた後、いち早くユンに取り入るなど、虎視眈々と宮廷内に根を張りめぐらせる。 各地の賭博場を管理して得た莫大な資金で勢力を広げ、テギルとヨニン君の最大の敵として立ちはだかる。

朝鮮第19代国王。「張禧嬪[チャン・ヒビン]」や「チャン・オクチョン」など様々なドラマで描かれてきた朝鮮三大悪女の1人、禧嬪チャン氏を寵愛。史実では派閥争いが激化する中でも巧みに政局を操って王権強化を図ったとされており、本作でもその卓越した政治手腕と冷徹さ、全てを見透かすような慧眼で周囲に畏怖される人物として描かれている。下女のボクスンを見初め心から愛するが、夫であるマングムを罠をはって誘い出し、賭博で負かしてボクスンを強引に奪い取る。 息子のヨニン君にも容赦はないが時折、期待の高さをのぞかせる。

↑ メニューリストに戻る

韓流情報

ページトップへページトップへ