太宗(テジョン)イ・バンウォン~龍の国~
テレビ愛知 韓ドラ☆クラブ

STORY

第7話

2024年4月15日(月)

モンジュの弟子がドジョンを弾劾する上奏文を上げ、ドジョンは流配となり、モンジュはソンゲに高麗の忠臣に戻る最後の機会を与えると告げる。そんな時、ソンゲの第一夫人ハン氏が危篤との知らせが。弔問に来たモンジュと語り合うバンウォン。モンジュが眠る間、バンウォンはモンジュを殺そうとして思い留まるが…。

第8話

2024年4月16日(火)

ソンゲは明から戻る世子を迎えに黄州(ファンジュ)へ行き、そこでその帰りに落馬して意識不明になってしまう。ソンゲの落馬の知らせを聞いたモンジュは、ソンゲ側の大臣たちを失脚させ流配にする。バンウォンは意識不明のソンゲを強引に開京へ連れ戻す。モンジュは失脚させた大臣たちを処刑しようと躍起になるが、ソンゲを恐れた王は保身に走る。

第9話

2024年4月17日(水)

一族が窮地に追い込まれるのを見かねたバンウォンは父親の命令に背き、モンジュの殺害を決心する。そして、ソンゲを見舞った後に自宅へ向かうモンジュを殺害する。バンウォンの計画が成功すると一族は胸をなで下ろすが、ソンゲは烈火のごとく怒りバンウォンを追い出してしまう。それを見たカン氏は、ソンゲを説得することを約束する。

第10話

2024年4月18日(木)

復権したドジョンは大妃に王の廃位を迫り、高麗の終わりを告げる。臣下たちは国璽(コクジ)を持ってソンゲの家に向かい新しい国王になってほしいと頼む。ソンゲは一度は断るものの臣下たちが懇願する姿を見て国璽を受け取る。家の外で待機していた5人の息子たちは祝杯を上げるが、ソンゲは王の即位式に5人の息子を参加させず、両者の溝は深まっていく。

第11話

2024年4月19日(金)

ソンゲは臣下たちの任命も行われる前に、末っ子のバンソクを世子にすると言い出す。臣下たちは先延ばしにしようと申し出るが、これを聞いていたカン氏が反論する。カン氏は5人の息子たちとソンゲを仲たがいさせ、息子を世子にして朝廷での実権を握ろうとしていた。バンソクを世子にする話を聞いたバンウォンは、カン氏に利用されたことに気づく。

CAST

太祖イ・ソンゲの五男で、朝鮮王朝第3代王。ずば抜けた頭脳と鋭い判断力を備えており、自身と家門と目的を成し遂げるためには容赦なく刀を振りかざす冷徹さを持つ。父親の大業を果たすために師匠のチョン・モンジュを殺すが、それをきっかけに家族の関係が崩れていく。

高麗を滅ぼし、朝鮮王朝を開国した朝鮮の初代王。先見の明があり、危険や困難に立ち向かい乗り越えていく勇気のある英雄。そのため武将たちには絶大な信頼を得ている。戦では無敗だった武将も、息子バンウォンとの争いには負けてしまうが、朝鮮の将来のために息子の手を取る。

大胆かつ情熱的な性格で、夫のイ・バンウォンを王に就かせた実質的なキングメーカー。朝鮮第3代王妃。富と名誉を兼ね備えたミン家に生まれ、幼い頃から美しさと聡明さで有名だった。夫であるバンウォンのために家門の力と人脈を総動員して勢力を固め、バンウォンが王になるまで力を尽くす。

イ・ソンゲの妻。生まれ持った政治的な感覚と決断力で、朝鮮の初代王妃になる。豪族の娘として生まれ、何不自由なく育ち、大きな志を持った男の妻となり王妃の座をも手に入れた。そして朝鮮建国後は大臣たちを懐柔し、王とハン氏の息子たちを仲たがいさせ、自分が産んだ息子のバンソクを世子にする。

↑ メニューリストに戻る

友だち追加
韓流情報

ページトップへページトップへ