テレビ愛知

放送について

番組審議会

第193回 テレビ愛知放送番組審議会

◇開催日時 10月10日(木)午後1時30分~午後3時
◇開催場所 テレビ愛知本社 特別会議室
◇出 席 者 松本委員長ら9委員と当社関係者
◇議  事 テレビ愛知から4~9月の営業状況と10月営業見通し、9月、7~9月、4~9月の視聴率、視聴者対応状況などを報告、10月改編の番組等を説明した。続いて、テレビ愛知など名古屋に取材拠点を置く新聞、通信、放送の20社で構成する報道責任者会が決定した、「集団的過熱取材」いわゆるメディアスクラムが愛知県で起きた場合の対応方針を説明した。
そのあと、報道グループ制作の、うなぎの産卵場所を探求するドキュメンタリー「二千年の謎に挑む~うなぎ航海42日間~」平成14年9月16日(月)午前11:00~11:55放送を視聴した。主な合評は次の通り。
  • 今まで何気なく食べていたが、うなぎの研究に携わる人のそれぞれの立場がよくわかる。
  • 養殖の話より産卵場に重点をおくともっとよかった。
  • こういう番組は好きだ。知らないこともあり、面白かった。
  • 研究者は、社会への還元などということより知りたいから研究していると思う。
  • 愛知県はうなぎ養殖で日本一の産地なので、関心も高い。海でうなぎを釣るシーンなど研究内容も親しみやすい。
  • 視聴者を意識したわかりやすい解説である。
  • まじめで丁寧な作りだ。ただし、船上で話が進むのであまり変化がなく、もう少しめりはりがあってもよかった。
  • 多くの人が楽しめる番組だ。

番組審議会トップへもどる