テレビ愛知

NEWSニュース

5府県に拡大 豚の殺処分続く

19.02.07


豊田市の養豚場で
「豚コレラ」の感染が
確認された問題で、
7日も朝からこの養豚場で
ブタの殺処分が続いています。

豚コレラの感染が確認された
豊田市の養豚場では
6日から24時間体制で
飼育する豚の
殺処分が行われています。

「作業を早めるためでしょうか、
 新たな重機が運び込まれます」
         (中筋記者)

愛知県によりますと、
この養豚場で飼育する6600頭のうち、
(午前7時現在)4800頭あまりが、
殺処分されたということです。

愛知県はこれ以上の
感染拡大を防ぐため、
養豚場周辺に
消毒ポイントを設置し、
畜産関係の車の
消毒をしています。

豚コレラは5つの府県に
広がったことが確認されていて、
このうち、豊田市の養豚場から
長野県へ出荷された分については、
感染が疑われていながら
搬出された可能性があるということです。

2月4日に、
豚に食欲不振などの
症状があるにもかかわらず、
すぐに出荷自粛を
要請しなかったため
5日の早朝、
長野県の農場に
搬出されたということです。

「農家の経済行為を止めるほどの症状や
 判断する内容がなかった。
 大きな落ち度という考え方は持っていない」
      (愛知県畜産課・岡地啓之課長)

これまでの調査では、
豊田市の養豚場に
ウイルスが侵入した
経路が分かっておらず、
農林水産省は
経路の解明を急いでいます。