NEWSニュース

被災した店も出店

19.07.12

西日本豪雨から1年。

名古屋では、
大きな被害から復活した
店舗が出店する
物産展が開かれています。

こちらのデパートで
開かれているのは
四国や瀬戸内の味覚を
集めた物産展。

2018年西日本豪雨で被災した
愛媛や広島の店も
並んでいます。

太刀魚料理を販売している
この店は、
豪雨で工房の一部が
流されたといいます。

「もう1回名古屋のお客さんにも
 食べてもらいたいという気持ちで
 (名古屋に)来ました
 今はだいぶ落ち着いたんですけど
 "名古屋に恩返しを"という形で」
(河野忠さんコメント)

また、じゃこ天を
販売しているこの店は
豪雨による断水で
商品が製造できず
2018年は、この物産展に
出店できませんでした。

「うちの工場もこの通り
 新しくなったんですけども
 今度は名古屋の方にぜひとも
 この復興した姿を見てほしいという
 思いもありましてやって来ました」
(安岡一さん)

「お店がまた復興されたっていう
 主人のお顔を見れて
 "ああ、よかった"っていうのと
 今日は本当に素敵なものが
 買えて良かったです」
(来場者)

この物産展は、16日までです。

ページトップへページトップへ