NEWSニュース

シンクロトロン光で物質を解析

19.09.09

愛知県が2013年に
72億円をかけて建設した
あいちシンクロトロン光センターで
9日、大学や企業の
研究者を対象にした
講習会が開かれました。

この施設では、
シンクロトロン光という
光を使って、
物質の構造を原子レベルで
調べることができ、
例えば、
リチウムイオンバッテリーの
品質向上や
軽くて強い車の
ボディ素材の開発などにも
この解析技術が
使われています。

愛知県は
「企業や大学の研究者に
 施設を積極的に利用してもらい、
 新製品の開発などに役立ててほしい」
としています。

ページトップへページトップへ