NEWSニュース

訓練 新ターミナルでテロ対策

19.10.09


11月に迫ったG20
外務大臣会合に備え、
9月オープンしたばかりの
中部国際空港
第二ターミナルで9日、
大規模なテロ対策訓練が
行われました。

訓練は
旅行者が隠し持っていたボトルから
液体が流れ出し、
数人の客が体調不良を訴えた
という想定で行われました。

9日は名古屋税関や愛知県警、
それに常滑消防署などから
約60人が参加し
20キロある防護服を着た消防隊員が
倒れた人たちを搬送したり、
現場にかけつけた愛知県警の機動隊員が
有毒物質の除染する訓練などにあたりました。

「国内でのテロを発生させないために
 テロ関連物質を水際で阻止する
 固い決意を持っています」
(中部空港税関 望月光弘支署長)


ページトップへページトップへ