NEWSニュース

ボージョレ・ヌーボー輸入ピーク

19.11.08


ケースから
取り出されたのは、
フランス産のワイン
ボージョレ・ヌーボー。

中部国際空港では今、
輸入のピークを迎えています。

8日は11月5日に到着した
6720本のボトルの検査が行われ、
税関の職員が品名や
アルコール度数などの
記載事項を確認しました。

2019年は春先の霜や、
夏の熱波の影響で
生産量が減ったものの、
ワイン自体は、
酸味とほどよい渋みの
バランスがとれた
例年と遜色のない出来に
なっているという事です。

また2019年2月にEUとの
経済連携協定が発効され、
ワインの関税が
撤廃されたおかげで、
小売価格は2018年より
100円~200円程度
安くなる見込みだといいます。

ボージョレ・ヌーボーの
解禁は21日です。


ページトップへページトップへ