NEWSニュース

新型コロナ影響 高速通行台数が10%減

20.03.25


愛知県では
24日、新たに3人が
新型コロナウイルスに
感染しました。

感染の拡大は
高速道路の業績にも
影響を及ぼしています。


「3月1日から3月22日までの統計で、
 昨年と比べて約10%
 交通量が減少している」
(NEXCO中日本 宮池 克人社長)


NEXCO中日本は、25日、
管内の高速道路の
通行台数が
2019年の同じ時期に比べて
10%減っていることを
明らかにしました。

感染拡大の影響で
車で外出を控える人が
増えたほか、
外国人の団体旅行などが
減っていることが
主な要因とみられています。

また、サービスエリアや
パーキングエリアでの
飲食や物販の売り上げも、
27%減っているということです。

ページトップへページトップへ