NEWSニュース

吉田秀樹の自動車アート

20.03.26


ヨーロッパで活躍した
自動車絵画の第一人者、
吉田秀樹の作品展が
名古屋で開かれています。

吉田秀樹は1970年代に
フランスのパリに渡り、
自動車絵画の分野を
切り開きました。

イタリアの名車、
フェラーリを描いた
作品を多く残し、
その作品は
「車の造形美を
 実物より美しく描く」と
高い評価を受けましたが
2019年9月に永眠しました。
69歳でした。

会場では彼の作品を実車とともに
展示しているほか
パリでの生活を記録した
写真や資料も展示しています。


ページトップへページトップへ