テレビ愛知

2018.03.24 『大和屋守口漬総本家 愛知の名産シリーズ(1) 漬物の宝石 “守口漬”の秘密!』

愛知の名産シリーズ第一弾、“守口漬”の老舗「大和屋守口漬総本家」を大特集!世界一長い大根が“漬物の宝石”に!経営危機を救った〇〇の粕漬けとは?

足かけ3年!世界一長い野菜が“漬物の宝石”に!
木曽川沿いで生産される守口大根は、ギネスに認定された世界一長~い大根。白くて固いのに、3年かけて、琥珀色に輝く“漬物の宝石”に大変身!ジューシーな粕づくりと、極上の旨みを封じ込める漬け込みの技に完全密着!「守口漬」が、「ういろう」や「きしめん」と並ぶ、名古屋土産の定番になったワケにもご注目!

消費者の漬物離れ!ピンチを救った“〇〇の粕漬け”
1980年代、消費者の“漬物離れ”が加速し、経営危機に直面!「新事業を始めるべき」との声が上がる中、“俺たちは漬物屋だ”と、新商品の開発で大勝負に出る!目指したのは、野菜ではなく“〇〇の粕漬け”。女性や子どもに愛されるには?会社のピンチを救った挑戦を工場ドラマでお届け!

行列ができる和食店「鈴波」の工場を本邦初公開!
“〇〇の粕漬け”は、今や大和屋守口漬総本家の和食店「鈴波」の看板メニューで、ギフトとしても大人気!ヒットする商品は、どのように量産されるのか?一度も中を見せたことがない秘密の工場を本邦初公開!“誤差なし”の包丁技とは?

番組概要

東海地方の『工場』には、驚きがぎっしり! 東海地方はニッポンのものづくりを支える一大拠点なのに、何が、どこで、どのように作られているのか、意外と知られていません。そこで、ものづくりの心臓部、『工場』にカメラが潜入!なぜ、その製品の開発に挑んだのか?なぜ、世界No.1のトップシェアになれたのか?自慢の工場には、どんな知恵や工夫が潜んでいるのか?スーパースローなど、特殊カメラを駆使した迫力映像に、スーパー職人たちの神技、そして知られざる製品開発の秘話まで。ココだけでしか見ることができない、素晴らしき“ものづくりの世界”がここに!

過去の放送

ページトップへ