身近な商品から、ロケットの部品まで、ものづくりの素晴らしき世界がここに。工場へ行こう III AMAZING FACTORY毎月第1土曜午後放送

ナレーター:平泉成 城ヶ崎祐子

見逃し配信

「工場へ行こう III AMAZING FACTORY」食後の楽しみアップ!“フルーツ”盛りだくさん工場SP

2021.03.06 『食後の楽しみアップ!“フルーツ”盛りだくさん工場SP』

Locipo GYAO!

放送内容

“食後の楽しみアップ!“フルーツ”盛りだくさん工場SP パイナップルをわずか3秒で皮むき!/1パック33円“さくらんぼ餅”の秘密

放送内容

食後の楽しみアップ!“フルーツ”盛りだくさん工場SP パイナップルをわずか3秒で皮むき!/1パック33円“さくらんぼ餅”の秘密

パイナップルをわずか3秒で皮むき!今大人気の“カットフルーツ“工場へ。果物食べ放題のサービスも▲1パック33円“さくらんぼ餅”の秘密…巨大な自家製お餅が大変身!

パイナップルを3秒で皮むき!果物の遊園地“カットフルーツ工場”へ
その工場は愛知県江南市に。明治創業の青果仲卸業「芋銀」が去年4月にオープンしたばかりの新工場だ。中に入ると、パイナップル、りんご、オレンジ、キウイなど国内外から運ばれた色とりどりフルーツがどっさり!ジャブジャブとお風呂の中で泳いでいるではないか…。体を洗い終わると…日本に数台しかないという「フルーツカットマシーン」へ。南国の王様・パイナップルを手玉に取り、目にも止まらぬ早業で芯を抜き取ってしまう。さらに、ゴツゴツした皮をわずか3秒でむきとってツルツルテンに!工場内には、女性スタッフに人気のフルーツ食べ放題の“超お洒落カフェ?”も…。一体なぜ?

1パック33円の“さくらんぼ餅”の秘密…巨大なお餅が大変身!
発売から40年以上、子どもから大人まで親しまれている駄菓子“さくらんぼ餅”。老舗菓子メーカー「共親製菓」(名古屋市西区)が年間1000万パック売り上げるロングセラー商品だ。1パック33円の超格安商品だが、工場を覗いてみると驚くなかれ、なんと一からお餅を作っているではないか!33円とは思えぬ手間暇かけた工程は圧巻。練り上げた大きなお餅がピンク色に染まり、薄さ数ミリの超ロング餅に大変身。小さな甘い粒へと仕上げていく。そこには、思わずクセになる味の秘密があった!

番組概要

東海地方の『工場』には、驚きがぎっしり! 東海地方はニッポンのものづくりを支える一大拠点なのに、何が、どこで、どのように作られているのか、意外と知られていません。そこで、ものづくりの心臓部、『工場』にカメラが潜入!なぜ、その製品の開発に挑んだのか?なぜ、世界No.1のトップシェアになれたのか?自慢の工場には、どんな知恵や工夫が潜んでいるのか?スーパースローなど、特殊カメラを駆使した迫力映像に、スーパー職人たちの神技、そして知られざる製品開発の秘話まで。ココだけでしか見ることができない、素晴らしき“ものづくりの世界”がここに!

過去の放送

ページトップへページトップへ