テレビ愛知 採用 2025

インスタグラム
X

内定者の声

どんな学生生活を送っていましたか?

大学院に進学するまでは、体育会の部活動に所属し、毎日夜遅くまでトレーニングやミーティングを行う部活中心の生活を送っていました。大学院に進学してからは研究に集中し、学会発表や論文執筆に向けて生物系の実験を行っていました。

大学では映像制作について学んでいました。その学びを生かし、自主映画制作に取り組んだり、舞台の映像美術制作に携わったり、様々なことに挑戦しました。コロナ禍で思い通りにならないことも多々ありましたが、充実した学生生活を送っていました。

大学の1、2年生のころは、サークルに入っていなかったことと、コロナ禍があり、あまり人と接さず、家に篭ってテレビや漫画を見ていました。今振り返ればこの時期も、自分の好きなものを追求できた貴重な時間だったなと思います。ただ、当時は「このままじゃヤバいかも」という焦りがあり、大学4年になる直前に休学をし、海外留学をしました。海外では多様な価値観と接することができて良い経験になりました。

就活はいつから始めましたか?エントリーシートは何社くらい出しましたか?

大学院1年の6月あたりから。15社くらい。

大学3年生の夏頃からインターンや企業説明会に応募し始めました。合計25社ほどエントリーしていました。

休学していたので1年遅れていますが、時期的には3年の1月です。エントリーシートを出したのは10社くらいだったと思います。

テレビ業界を目指した理由は何ですか?

テレビを通じてスポーツの魅力を知り、熱中した経験から。日本のスポーツ文化を絶やさないためにも、未来の子供たちに影響を与えるようなスポーツの魅力を、テレビを利用して届け続けていきたいと感じたため。

世間に対して大きな影響力を持つ「テレビ」という媒体を通して、多くの人をワクワクさせるコンテンツを届けたいと考え、テレビ業界を志望しました。今までテレビから多くのワクワクをもらってきたので、次は私が人の心を動かすコンテンツを作り、届ける人になりたいという想いがありました。

コンテンツで人を楽しませるというところに価値を感じていたからです。学生時代にもそのような経験をしてやり甲斐を感じていたので、仕事にしてもやっていける、という自負がありました。

エントリーシートや面接では、どんなことを意識していましたか?

エントリーシートは自分らしく書くことを意識しました。当たり障りのない文章を丁寧に書くのではなく、自分の経験からしか見えてこない価値観を元に気持ちを込めて書きました。面接では面接官との対話を意識しました。自分の伝えたいことを100%伝えるために面接官をよく見て、話し方を考えたりしました。

「自分の言葉で素直に伝える」ということを一番意識していました。自分をよく見せようとしすぎると空回ってしまうと思ったので、変に着飾らずに自分らしい言葉で考えを伝えるようにしました。特にエントリーシートは、読んだ方に「会ってみたい」と思っていただけるように、自分だからこそ書けることは何かということをよく考えて書きました。

面接では、リラックスして楽しむようにしていました。ただ、表情と声は普段暗いと言われがちなので、笑顔で普段よりワントーン高い声で話すことを意識していました。

テレビ愛知にした決め手は何ですか?

地元愛知に魅力を感じていたことと、地域密着型で独自の視点をもっていると感じたことから。面接を重ねていく内に社風や社員の方にも惹かれていったのも決め手です。

大好きな地元から様々な情報やコンテンツを発信していきたいと考えたからです。面接で私の話に耳を傾けてくださった社員の皆様の雰囲気が良く、この会社でなら自分のやってみたいことが実現できるかもしれないと思ったことも入社の決め手の一つです。

どこよりも社員の方が温かいと感じたからです。また、面接の中で1番自分の素の状態を出せた企業でもあり、それを踏まえて内定をいただけたということで、無理のない自分で働くことができそうだなと思い、テレビ愛知に決めました。

就活生にメッセージを一言

自分のやりたいことをとことん追求していく中で、自分だけの強みを見つけて欲しいです。そこで培った強みは就活でも必ず活きます。そして落ち込んだときにも心の拠り所になるはずです。どんなときにも自分を信じて悔いのないように就活に臨んで欲しいです。

自分は何になりたいのかという問いに徹底的に向き合うことになるのが就活です。今その答えが浮かんでいる方も、そうでない方も、自分の将来についてたくさん悩むことになると思います。就活を終えて思うのは、悩むことは決して悪いことではなかったということです。悩むということは、それだけ自分自身に真剣になれたという証拠です。ぜひたくさん悩んで、自分らしい答えを探してみてください!納得できる答えが見つかりますように。

ぜひ、いろんな人に話を聞いてみてください。企業説明会やOB訪問もそうですが、興味のある人や、自分の身近な人、憧れの人に話を聞いて世界を広げるチャンスが就活にはあると思います。
こんなことを言っておいて矛盾するようですが、私は就活を始めた頃、このようなメッセージを聞いてもピンときませんでした。「あの業界が自分に1番合ってる。もう他の業界とか興味ない」と思い込んでいたからです。
しかし、客観的な意見や知らなかった情報を知って、大きく考えが変わりました。だからこそ、皆様にもいろんな人の話を聞いてほしいなと思います。
就活大変かと思いますが、頑張ってください。応援しています。

ページトップへページトップへ