テレビ愛知 採用 2025

インスタグラム
X

先輩からのメッセージ

曽根健宏 2022年入社 総合管理局技術センター技術部
今どのような仕事をしていますか?

技術部では放送実施とシステム関連の仕事を行っています。私は主に放送実施に携わっております。放送実施技術は3つに分けられます。①収録現場や中継先で映像と音声を取り番組を制作する制作技術、②自社で制作した番組を家庭や他局へ送出する送出技術、③自社から送出された電波を各家庭へ送信する送信技術です。現在は制作技術メインで活動しており、配線や機材の取り扱いを中心に研修を受けつつ、②や③の現場にも同行しております。

やりがいを感じることは?

学生時代から、催し物などで裏方作業を好む傾向がありました。そのため、番組収録にてタレントさん周りで機材をセッティングしているときにやりがいを感じました。また、自分が番組に関わっていると実感した際にもやりがいを感じます。特に印象深かったことは、台本のスタッフ欄に自分の名前が載ったことです。研修中でしたのでまだ役割名はないものの、番組に携われたことを実感でき、とても嬉しかったです。

そもそもなぜテレビ局を志望したのですか?

主に趣味や大学での研究が影響しています。学生時代では軽音楽に触れ、当時からライブの音響や機材に興味を持ち始めました。大学の研究活動では、特殊なカメラを用いて撮影した映像の解析を行いました。これらの経験から、音響や撮影機材周りの仕事に注目し始めました。就活の中で、機材の開発研究するメーカー職よりも、機材を用いて番組を作り上げるテレビ局の方が自分の性格にマッチしていると判断し、テレビ局を志望しました。

将来やりたいこと、夢はなんですか?

将来は、自分の好きなことを題材とした業務に携わりたいです。学生時代から軽音楽が趣味です。そのため、音楽番組に関わらず音楽関係の催し物に携わることが仕事をする上での1つの目標です。また、eスポーツなどのカルチャーにも興味があり、関連業務に加わることも目標の1つです。これらの目標に巡り合えた上で、業務にただ携わるだけでなく、技術面を含めて自分の趣味の知識を業務に活用するところまでが私の夢です。

学生へのメッセージをお願いします。

テレビ愛知は、名古屋民放局で唯一県域放送を行っています。そのため、「愛知密着の番組に携わりたい!」という方は大歓迎です。また、個人の工夫次第でやりたいことを実現できる会社だと思います。愛知に縁もゆかりもなくても「テレビ愛知でこんな野望を叶えたい!」という方がいらしたらお待ちしております。 是非「テレビ愛知でどんなことがしたいか」という想像を膨らませて、就活に挑んでいただきたいです!

ページトップへページトップへ