華政
友だち追加数

STORY

あらすじ

“火を支配する純血の者だけが世の主となる” ある予言がすべてを狂わせた―
時は1608年。朝鮮第14代王・宣祖の次男、光海君は嫡子ではないという理由で16年もの間、明に正式な世子と認められず、父からも冷遇されている。光海君の心を癒してくれるのは、幼い異母妹の貞明公主だけだった。そんな中、宣祖が崩御。次期王の擁立をめぐり、朝廷はにわかに慌ただしくなる。骨肉の争いを望まない光海君は、永昌大君と貞明公主を守ると仁穆大妃に誓い、15代王に即位。しかしその後、永昌大君は無念の死を遂げ、仁穆大妃は慶運宮に幽閉される。一方、宮殿から逃げ出した貞明公主は倭国へ。奴隷として長崎の硫黄鉱山に売られ、ファイという名で男のふりをして過酷な日々を生き抜いていた。数年後、朝鮮通信使がやってくることを知ったファイは、祖国に戻るきっかけをつかもうと江戸に向かい、ホン・ジュウォンと出会う。彼は幼い頃に貞明公主を守れなかった後悔を胸に抱きつつ、光海君が設立した“火器都監”で働いていた。ファイは硫黄の闇取引を手助けし、ジュウォンと共に朝鮮に帰国。ついに家族の仇である光海君と対面するが…。

  • 第26話 明と後金の圧迫
  • 第27話 民の命の重さ
  • 第28話 望まぬ婚礼
  • 第29話 最後の王命
  • 第30話 新たな王
  • 第31話 民との接見
  • 第32話 王宮のしきたり
  • 第33話 濡れ衣
  • 第34話 偽の自白
  • 第35話 結婚の申し入れ
  • 第36話 イ・グァルの乱
  • 第37話 都の陥落
  • 第38話 奇襲作戦
  • 第39話 捕虜の救出
  • 第40話 二度目の宣戦布告
  • 第41話 欺かれた王
  • 第42話 三田渡の盟約
  • 第43話 打倒計画
  • 第44話 悲しき父子
  • 第45話 葬られた真実
  • 第46話 2頭の獣
  • 第47話 裏切り
  • 第48話 王の務め
  • 第49話 正義を信じて
  • 第50話(最終話) 輝かしい政治
韓流情報

ページトップへページトップへ