アナウンサー

CINEMA PICKUP シネマピックアップInterview

2019.7.8【ミュウツーの逆襲 EVOLUTION】

ミュウツーの逆襲 EVOLUTION

「劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」といえば1998年に公開されたポケモン映画の記念すべき第1作目の映画であり不朽の名作でもあります。これが、2019年夏、フル3DCGで「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」としてよみがえります!
今回は、映画の主題歌「風といっしょに」を歌う中川翔子さんにお話を伺いました。

――大のポケモン好きで、ポケモン映画に声優としても10年連続で出演していらっしゃる中川さん、今回主題歌を歌われるのはどんなお気持ちですか?

中川さん

信じられないです。映画館で初日に観て、やっと信じられるのかもしれないです。夢を超えたミラクルです。大好きだったおじいちゃんに連れて行ってもらった思い出、手の温かさ、吹いていた風、色々なものが心の中に鮮やかに宝石のように残っています。
そのときの気持ちをずっと忘れたくないなあと思って、そのことをマンガにしたことがあって、そのマンガが今回のミュージックビデオの元になっているんです。人生の大事なことはポケモンが彩ってくれていて、今回は本当に胸がいっぱいです。

――「ミュウツーの逆襲」は、私が人生で初めて映画館で観た作品なんですけど、ポケモン大ファンの中川さんにとっても思い入れの深い作品なのでは?

中川さん

改めて大人になってから「ミュウツーの逆襲」のオリジナル版を観ると、すごく哲学的なんですよ。「命とは」そして「生きることとは」「争うことに意味なんてあるのかないのか」ピカチュウをコピーピカチュウが殴って、殴られた方は殴り返さないでっていう、子どもの頃も涙を流した映画だったんですけど、大人になると染みて染みて。(主題歌の)「風といっしょに」も、命がうまれて、そしてふるさとから旅立ち、色々な出会いも別れもあって、ときに悩んだり立ち止まったりしても、また風と一緒に夢に向かって歩き出すんだって…歌詞を噛みしめると、「本当そうですよね―――!!!!」ってなりますね。色々な意味をそれぞれの心の中で発見できるような。ピカチュウくらいしか知らない大人の方にこそ観ていただきたい映画だなと思います。

――その名作が、フル3DCGになるなんて感無量なのでは?

中川さん

当時セル画だったものが3Dで蘇るなんて、当時の人類に観せても信じないんじゃないかなあ、まさにエボリューションですよ!!!進化したミュウツーさま、めちゃくちゃかっこいいですね。当時の脚本の深い素晴らしいところがそのままに3DCG…、楽しみすぎますね。泣くこと確定です。
小さいお子さんも、あの頃小さかった大人も、ぜひご覧ください!

宇野も泣くこと確定な、 「ミュウツーの逆襲 EVOLUTION」は7月12日(金)公開です。

インタビュー担当:宇野名都美

友だち追加数

NowOnAir

番組表をもっと見る

番組表をもっと見る

PickUp

EventInfo



おすすめ コンテンツ

ページトップへページトップへ