2014年5月31日放送
こんなにあった!ニッポンの“食問題”

TPP交渉の行方によっては、今後輸入品の関税は限りなく「ゼロ」になり、米国産の牛肉や小麦、トウモロコシ、大豆など様々な食品が日本市場に安く大量流入する。そこで気になるのが「遺伝子組み換え」や「ホルモン剤」を使った“マユツバ食品”の数々。あまりニュースで報じられない問題だが・・・このまま日本に入る事を許していいのか?
さらに問題なのが、ニッポンの「国内の食品表示」事情。スーパーでお馴染みの「あの食材」や、飲食店でよく見かける「メニュー」など、消費者にはわかりづらい“食品表示の落とし穴”とは一体?他にも「学校給食」や「クジラ料理」など、昔ながらの“食文化”にも異変が!ニッポンの食は、今後どう変わるというのか!?大物“食通”俳優をはじめ、弁護士・政治家・研究者が入り乱れての、徹底“食”バトル!

ゲスト

VTR出演