2014年6月7日放送
韓国 今、変革の時!

セウォル号沈没では300人以上の死者・安否不明者を出すことになり、しかも不正な" 人災" による事故となった。政府の不手際な対応と、宗教団体や財界との癒着が知られ、朴政権にとっては、突然降って湧いた致命的な不遇。朴大統領は、天下りを禁止し、海洋警察の解体を宣言。4月16日を「国民追悼の日」に定めた。これは6月4日の統一地方選挙対策か。
それとも、韓国社会が大いに反省する中、歴史的エポックを迎えているのか。番組は、この事故をきっかけにどう韓国は変わっていくのかを探り、議論していく。

★鎮痛する韓国。過去にも似たような大きな事故が起きているが、今度こそ変われるのか?
★船長は契約社員だった!?利益追求で、安全・安心は置き去りか?
★大丈夫?韓国製品。ものづくりを尊重しない国?
★ニッポンも変われ!!韓国人への偏見・差別をもうやめろ

ゲスト

堀潤のウソは許さん!