GW中は少し長めのお休みを頂けたので

(その間のニュースを担当してくれた宇野アナ、ありがとうございます泣)

しっかりとリフレッシュすべく、大好きな宝塚を堪能してきました!


まずは平成最後に宝塚大劇場で宙組のオーシャンズ11です!

そう!前にブログで少し触れたあのオーシャンズ11!!!!

ついにこの日がやってきましたよ...(萌)

image1 (25).jpeg


アドリブ満載&決めるとこは決める

このメリハリがほんっっっとうによかったです~(*^_^*)


宙男のスーツ姿がかっこいいったらありゃしない

なぜあんなに足が長いのでしょうか。

あんなキザな足の組み方して様になるのは

真風さんだからです。はい。

個人的には和希そらくんがツボでした。

年下の少しやんちゃな男の子。

とってもはまり役!!


またこの舞台は105期生のお披露目公演でもあったので

口上とロケットも楽しめました(^ム^)

(口上というのは、初舞台生が紋付きはかま姿で

一番最初、お芝居が始まる前に行うご挨拶です)


宝塚の口上も私の好きなバージョン(95期と同じシンプルなもの)でしたので

それだけでもう胸熱。

扇子を持って踊ったり、

正座して手をつくバージョンなど

色々あるのですが

私は直立で行われる口上が好きなんです~(*^_^*)

(わかってくれる方いらっしゃるかしら...)


これから始まる、終わりのない芸の道...そのスタートに

立ち会えただけで感涙です。


そして105期生は皆さん美人揃い!

image1 (23).jpeg


全員を応援しているのですが

特に目を引いたのが4番入団の美空真瑠くんです(^ム^)

image1 (24).jpeg

かわいらしさの中にもしっかりとした雰囲気のあるお顔立ちで

どことなく星組次期トップスターの礼真琴さまに似ているような...

これからがとっても楽しみです~♪


さて、令和最初の宝塚はその礼真琴さまの全ツ

梅コマでの「アルジェの男」「エストレージャス~星たち~」


んもうこの一言に尽きます。

イケボ・まこっつぁんの魅力あふれっぱなし!!!!!!


私もジュリアンに言い寄られたい...

出世のために色んなご令嬢を落としていくのですが

その時の落とし文句、(心からではなく、ちょっと冷たい)

「あなたを愛しています」 が

もおおおおおおおおおおおおおお

わっるいわぁ!でもすっきやわぁ!ってなります。

そんな乙女心、わかってくれますか←


あと、小桜ほのかちゃんのアナ・ベルがすごく良くって!!!!

純粋で優しいがゆえにすごく切なく歌い上げるところとか...

胸がきゅーんって締め付けられました。


最近注目している極美慎くんも出番こそ少ないけれど

重要ポジションで目立ってました!!!!

というか目を引きました!!!!!

アナ・ベルをお姫様抱っこし

片膝をつきながら優しくゆっくり降ろすのですが

(私はこれを王子降ろしと呼んでいます)

悶えます。とっても、悶えますよ。


私もお姫様抱っこされたいいいいいいい

王子降ろしされたいいいいい

と思った人は私だけじゃないはず。

ショーでもたくさん歌ってらっしゃって、

これからの期待大です(^ム^)


そのショーですが、まこっつぁんが歌う歌う!踊る踊る!!

いやはや、どこから来るのですかそんなエネルギー

っていうくらい圧倒されて引き込まれました。

下級生中心の舞台ということを忘れるくらい

とても丁寧に作り上げられていて

パワーも満ち溢れていて

次世代の宝塚を担っていくぞ!!!

っていう気持ちが伝わってきました・・・!!


ふぅ。とにかくものすごく有意義なGW休暇を過ごせて

幸せでした!(^^)!

まだまだ余韻に浸っている毎日です...♪

image1 (26).jpeg

岡田 愛マリー @ 2019年5月10日 12:00

今大劇場で公演中の

月組公演「無現無双/クルンテープ天使の都」を観劇してきました(*^_^*)

image1 (21).jpeg

トップ娘役さんが愛希れいかさんから美園さくらさんに代わり

新生月組のお披露目公演でもあり

男役2番手さんの美弥るりかさんの退団公演でもあります...


1幕目は宮本武蔵を題材にした和物

話し出すと長くなるので割愛しつつ...感想を...

美弥さんは佐々木小次郎役をされていたのですが

しなやかで強くて、なんっと美しい色男...っっ!!!

トップ・珠城りょうさんのパワフルさも好きなのですが

美弥さんの中性的な色気、病み付きになるんですよね

まさに

やめられないとまらない。

あぁ...卒業されるなんて...惜しい...


あと個人的には海乃美月さんの吉野太夫がツボでした(^ム^)

「おもしろいお方...(艶)」って!!!!!!!

私も言われてみたい←

そしてわたしもアダルティな感じではない艶っぽさで(これ重要)

言えるようになりたい。

ナレーションの幅として習得したいです、はい。


さて2幕目はタイを舞台にしたショーでした!

image1 (22).jpeg

私は東南アジア独特の色使いや世界観・雰囲気が私は好きなので

終始ワクワク(^ム^)


一番印象に残っているのが(というかいい意味で衝撃だったのが)

輝月ゆうまさん!!!

長身の若手男役さんたちを従え、女装し

*そもそも女性なのですが、宝塚では本来男役の方が女性役を演じるときは

こう表現するのです(笑)

存分に発揮される歌唱力に長身揃いで華やか

つまりインパクト大なんです!!!!

高音も気持ちいいくらいすぱーん!って出していらっしゃって。

でもそれは娘役のそれとは違って男役で培ったパワフルさもあって。

あれは女装してる男役さんだからこそですよねぇ。


さらに違う場面では暁千星さんもショートヘア×ショートパンツの

女装で踊ってらして!!!!

思わずオペラグラス両手持ちしちゃいましたよね。

いやぁ。ほんとに。タイでした。(いい意味で)


美弥さんが銀橋で歌うシーンがあったのですが

とても輝いていてきらきらされていて...(涙)

卒業が惜しいです(2回目)


今回も夢の時間を過ごすことができ、

たっぷりと充電できました(*^_^*)

来月からはいよいよ105期生の初舞台生!!これも楽しみです!(^^)!


そして昨日は宝塚音楽学校107期生の合格発表でしたね!

まずは合格された皆さん、おめでとうございます。

昨日、あの発表の場で、色んな思いをした方がいると思います。

一生懸命に、まさに「人生かけて」臨んだものがあるというのは

本当に素晴らしいことだと思います。

どんな結果であれ、受験されたすべての方にお疲れさまでしたとお伝えしたいです。

そして、新しく誕生された未来のタカラジェンヌのみなさんを

また応援していきたいと思います(*^_^*)

岡田 愛マリー @ 2019年3月29日 12:04

さて1月末2月頭まで怒涛のお知らせラッシュを受け

感情が追いつかない日々を過ごしておりました。

嬉しい発表もあれば(星組・礼真琴さまの全国ツアー)

胸が締め付けられる発表もあり

(月組・美弥るりかさま、星組・紅ゆずるさま、綺咲愛里さまの退団)


やっと...少しずつ...なんとなく感情がおちついてまいりました。ふぅ。


いつか卒業される日が来るのかもしれないと頭のどこかでわかっていても

舞台にいるのが当たり前というか、まだまだ見たい、見られる!と思っていて...

何でしょう。なんだかちょっぴり失恋したような...うーん、つまり

ロスです。(まだ卒業されていないのに苦笑)


言いたいこと、語りたいことがたーっくさん。

でも

新たなステージへ進まれることを決められたジェンヌさんたちの

最後の大切な日まで精いっぱい応援するしかないのだと思う次第です。


長くなってしまいましたが(笑)

今回はその退団にまつわることを...


星組の男役トップスターの紅ゆずるさんと

娘役トップスターの綺咲愛里さんの退団が発表されましたよね。

男役、娘役トップスターコンビをわれわれファンは「夫婦」と呼ぶのですが

夫婦で揃って同時退団する(最後まで添い遂げる)ことを

「添い遂げ退団」というのです。

(こういう独特の言い回しっていろんな世界にありますよね!

調べてみたらおもしろいのかなぁ...)


退団されるタイミングはジェンヌさんそれぞれが決めるものですし

必ずしもトップ2人は添い遂げ退団しなければならない!

というわけではありません。


残ったどちらかが新しくお嫁さん・お婿さんを迎えたときに

(もしかしてこの言い回しも独特!?)

卒業されたパートナーから教えてもらった技術などを共有し

より2人で成長していくというのも宝塚の伝統で、良さなのだと思います。


ただ!添い遂げ退団だと我々ファンはなんだかさみしさの中にもうれしさというか

得も言われぬ感情が生まれるんですよ。

「あぁ、よかったね!」っていう気持ちが、

幼馴染同士で長年付き合ってた友人から結婚します!って報告を

受けたときのような感じに似ているような...(笑)


さらに、退団者は(トップに限らず)退団公演の千秋楽の日は

全身白い格好で楽屋入りされます。


まっさらなジェンヌさんを見ると

「あぁ。ここからまた新たな世界の色に染まっていかれるんだな」と思うのです。

そう、まるで花嫁のウエディングドレスをみているようなキモチ←


幼いころからそういう文化に触れているからなのか、

私もとっても大切な日には、あえて、どこかに白を取り入れるようにしています。

...さすがに全身ではないですけどね(苦笑)


何かよさげな白アイテムを見つけましたらぜひご一報ください。(笑)

岡田 愛マリー @ 2019年2月18日 16:09
2019年2月 8日

女子会☆

先日、新年会を兼ねて(新年からだいぶ経っていますが苦笑)

宇野アナ・武田アナとお家で女子会を開催しました!


宇野アナ手作りのトマト煮込みに

武田アナ手作りのローストビーフ!!

どれもおいしくて絶品でした~(*^_^*)

わたしはこのあと届いた宅配ピザを用意いたしました!

image1 (20).jpeg


...ん?私だけ手作りじゃない?

おっかしいなぁ~(゜_゜>)

たまたまですよ!本当にたまたま!...(笑)


それにしてもおいしいご飯においしいお酒で話がススムススム(^ム^)

仕事のことやプライベートのことなど・・・(今思い返せばほとんどプライベートの話)

たくさんのことを話しましたよ!

話に花が咲き、料理に夢中だったので3人そろった写真を撮り忘れ...

かわりといっちゃあ、なんですが、先日とある撮影で撮った3人の写真を☆

2L2A3675.jpg

なんの撮影だったかはまた後日お知らせいたしますね!


そういえば!もうご存知の方もいらっしゃると思いますが

ブログ以外にアナウンス部のインスタグラム @10ch_tva が立ち上がりました!

ぜひそちらものぞいてみてください(*^_^*)

岡田 愛マリー @ 2019年2月 8日 13:04

1月も終わりを迎えようとしていますが(苦笑)

新年1回目の「ジェンヌ日和」です(*^_^*)

今年は早々に東京でヅカ始めを堪能できましたので

良いスタートがきれたと思っております(^ム^)

image1 (19).jpeg


さて、今年も各組注目の作品がたくさんあり、

いまからわくわくしています・・!


なかでも特に注目しているのが

宙組で4月から上演されるオーシャンズ11です。

そう!あの!ハリウッド映画の!!(笑)


じつはこの作品、2011年に星組で2013年に花組で上演され

3度目なんですよ。

もちろんハリウッドのオーシャンズ11はとっても面白いですし

ジョージクルーニーさん、ブラッドピットさんほかダンディな俳優さんが勢ぞろいです。

でも!!!宝塚版も負けず劣らずなんですよ!!(笑)

ダンディさも、くすっと笑えるところも、宝塚らしさも出しつつ、

うまい具合に融合しているんです。


また、ご縁だなぁと思うのが

2011年の星組新人公演で主役のダニーと2番手ラスティーを演じた

真風涼帆さんと芹香斗亜さんがめぐりめぐって宙組で!!

本公演をされるんです!!

新人公演で過去に演じた役を数年後

本公演でまた演じることは多々ありましたが

1番手、2番手が同じ、かつ、お二人とも新人時代から

組み替え(転校のようなものですね)をそれぞれ経験し

1度は離れ離れになりながらもまた同じ組になり

同じ作品で...というのはなかなか珍しいんです。


ちなみに

「本公演」というのは皆さんがご覧になっている公演のことで

公演期間中、入団7年目以下のみで構成しなおして公演する日が

宝塚大劇場・東京宝塚劇場それぞれ1度ずつありまして

それを「新人公演」といいます。

若手スターの登竜門とも言われていて

若手ジェンヌさんにスポットが当たるので次世代のスターを見つけたいかたには

おすすめです☆


またこの公演は105期生の初舞台でもあるんですよ~!!!!!

初舞台のお披露目は1年に1度だけ。

初舞台生の口上(ご挨拶)や一糸乱れぬラインダンスは圧巻ですし

会場全体がほんっとうに温かい空気に包まれて

あの瞬間は自然と涙がこぼれてしまうんです。


あぁ...きっとこれまでたくさん努力して今この舞台に立っていて、

彼女たちのジェンヌ人生の本当のスタートの瞬間に

自分は立ち会えているのかと思うと

まるで初舞台生の親、もしくは親戚のお姉さんに

なったような感じになってしまって...(笑)

エンターテインメントを届けてくださるジェンヌさんたちに

改めて感謝する瞬間です。はい。

ん~!!!いまから待ちきれない!!

岡田 愛マリー @ 2019年1月24日 13:23

1 2 3 4 5 6 7 8 9

ページトップへページトップへ